おやつに炒り大豆。大豆のうれしい栄養とは?


ちょっと小腹が空いたとき、ついお菓子をつまんでしまうことはないですか?我が家ではよくありました。

そのたびに、無駄なカロリーをとって、次の食事があまり入らない。子どもは特にこのサイクルにはまっていました。

そこで取り入れたのが炒り大豆!

我が家の息子は偏食児です。ただでさえ必要な栄養素がとれないことが多い。でも、この炒り大豆は節分の時によく食べていたのを思い出したのです。

炒り大豆のうれしい栄養素

【植物性たんぱく質】

大豆は「畑の肉」と呼ばれるくらいですので、良質なたんぱく質がとれます。低脂肪なので、脂身の多い肉よりも効率的にたんぱく質がとれます。

お昼ご飯がうどんやソバだけで、たんぱく質がとれなかった~という日は、よりこの炒り大豆が役立ちます。

【イソフラボン】

女性ホルモンと似たような働きをする、抗酸化物質。骨粗しょう症予防、更年期症状の緩和、動脈硬化予防、生理不順の緩和などに効果があります。

まさに子育て中のママに最適!

【オリゴ糖】

善玉菌のエサとなる糖質、オリゴ糖が大豆には多く含まれます。お通じでお困りのお子さんが増えているとのこと。その点からもおすすめ!

他にも、葉酸や鉄分なども多く、貧血のママにもおすすめです。

でもスーパーではなかなか売っていない?

いざ、我が家の近所のスーパーに買いにいきました。でも売ってない!!節分の時しか売ってくれないのでしょうか。

そこで、ネットで探してこちらの店のネット注文で購入しました。

ネットで注文した豆
こんな形で届きましたよ

3日程で到着。メール便というのがありがたいです。宅急便だと不在中だったりして申し訳ないので、、。

素敵な冊子と炒り大豆
中に入っていたもの。豆1kgと冊子

大豆1kgは想像以上にたっぷり!また一緒に入っていたこの冊子、なんて素敵なんでしょう。こういうシンプルな冊子が大好きです。

一枚の紙を半分に折っただけの簡単な冊子ですが、米粉のスイーツレシピが載っていました。思わず作ってみたくなります。

炒り大豆はいつでもポリポリできるよう、100円ショップで買ったこの容器に入れました。

大豆を入れている容器
「キャンディーボックス」という名前で売っていた。

朝ごはんと昼ごはんの間、昼ごはんと夕ごはんな間に、テーブルに置いてみました。すると、、、。

みんなで奪い合い
もじゃもじゃの手はパパです

競って食べていました。

なんと、あの大量の豆が1週間でなくなりました。注文してもすぐには来ないので、遠くのスーパーでたまたまあった炒り大豆を出すと、偏食息子が「この豆はこの間のと違う。この間の豆が良いよ~」と言われました。

主人も娘も、「違うかな~?」と、あまり違いがわからない様子。

偏食息子は舌が敏感なのです。だからこそ偏食なのだと思いますが。

ということで、我が家定番のおいしいおやつ「炒り大豆」が見つかったお話でした。

中山大吉商店さんという、味噌の会社で買いました。美味しい豆をありがとうございました。