【伝統食】献立つくりに悩むようになったのは、昭和30年代から。それまでの迷いようのない食事とは?先人に学ぶ


ママさん
ママさん

最近、献立が思いつかなくて。

毎日何を作ったら良いかわからないんです。

きぶんやママ
きぶんやママ

そう言う方は多いですよね。

しかし、一昔前は、子どもの食事作りや毎日の献立で悩む母はいなかったのです。なぜ増えてしまったのか。悩まなくてすむ方法もご紹介します。

目次

  1. 食事作りに悩む母が増えたのは昭和30年代ころから
  2. 昭和30年以前の母たちは、どんな食事を作っていた?
  3. 食事を難しくしたのは「バランスのとれた食生活」を意識したせい
  4. まとめ

食事作りに悩む母が増えたのは昭和30年代ころから

=MEMO=
食事作りに悩む母が増えた時期は、昭和30年代から

昭和30年代から増えたのです。それより以前の日本では、献立に悩むなんてことがありませんでした。

昭和30年代というと、ちょうどテレビや洗濯機、冷蔵庫や電気炊飯器が発売され、一般家庭にも広く普及しだした頃。一ヶ所ですべての食材が手に入る便利なスーパーも、昭和30年代に始まり、全国へ広まっていきました。

それ以前は、ご飯を炊くのも一苦労でした。火を起こすところからご飯作りが始まるのです。また、スーパーもなかったので、魚は魚屋に、野菜は八百屋に、豆腐は豆腐屋にと、買い物も大変でした。

普通に考えれば、昭和30年以前の主婦の方が、買い物も食事作りも一苦労だったに違いありません。なのに、食事作りに悩む母が増えたのは、一体なぜなのでしょう?

昭和30年以前の母たちは、どんな食事を作っていた?

昭和30年以前は、地元でとれたものをそこに住む人々が食べてきました。献立は、ご飯に味噌汁、漬物を中心として、季節の野菜や芋類、豆類、魚介類など、手に入ったものを少し足すというスタイルです。

米がとれない地方では、小麦粉で作ったほうとうやうどん、おやきなどを食べます。そばや芋が中心となった地域もあります。

つまり、「とれたもの」を食べる、調理法は昔から行われてきた調理法で食べる、すごくシンプル。だから、献立で悩む事なんてまったくありません。迷いようがない。

野菜や魚は、季節によってとれるものととれないものがハッキリしているので、春はたけのこばっかり、夏はきゅうりトマトばっかり、秋は何日もサンマが続いたり、いわゆる大人も「ばっかり食べ」でした。

さらに、子ども用の食事なんて当然作っていません

では、昔の子どもは、好き嫌いせず何でも食べたんだなぁなんて思ったら、とんでもない。今と変わらず、苦手な野菜はたくさんありました。

でも母親たちは、それを特に意識することがありませんでした。ご飯で空腹を満たせれば、何を残そうが気にしない家庭の食事はいたって簡単だったのです。

【30年代以前の食事】
手に入る食材に限りがあった。
調理法も代々受け継がれたものだけ。
子ども用の食事は作らない。
子どもがご飯さえ食べていれば、何を残しても気にしない。
ご飯・味噌汁・漬物に、手に入った物を足すだけ。決まった型がある
家庭の食事はシンプルで簡単。迷いようがない。

食事を難しくしたのは「バランスのとれた食生活」を意識したせい

では、なぜ簡単だった家庭の食事が、昭和30年代を境に難しくなってしまったのか。

それは、皆が突然「バランスのとれた食生活」を意識しだしたからです。

昭和30年代、国をあげて、「栄養改善普及運動」が始まりました。戦後、日本が負けたのは体格が小さかったからだと、海外の栄養学を真似て、一般の人に栄養教育を押し進めたのです。

「ごはんよりもおかずを食べなさい」「たんぱく質が足りない」「カルシウムが足りない」そういうことを突然言われる。

今まで、食生活は「何がとれるか」によるものでした。しかし「栄養改善普及運動」が始まって以来、食生活は「何を食べるべきか」という意味合いに変わってしまいました。

まさしく、自然条件を無視した食に変わってしまったのです。それは実は、西欧の食生活を良しとし、欧米に追い付け追い越せの時代に生まれた「栄養改善普及運動」が原因でした。

食生活が欧米化したから、生活習慣病が増えましたよ、だから和食をもっと食べましょうなんて栄養士さんは今さら言いますよね。(私も栄養士)しかし、西欧の食を積極的に取り入れたのは、他でもない当時の政府の高官達と、栄養学者だったのです。

しかし、西欧の食生活を取り入れたその流れは今でも形を変えつつもまだ続いています。(乳製品がバランスのよい食事に入っていたり)

この事実と共に、今までの様々な体験から、今の栄養学に疑問を抱き続けています。

果たしてバランスのよい食事とされている今の食事は、本当にバランスが良いのか。自然に根差した今までの日本人の食事は、本当にバランスが悪かったのか

これからもそういうことを探求していきたいと思います。

まとめ

=MEMO=
・昭和30年代からママたちが献立に悩むようになった
・それまでは食事に悩む人はいなかった
・昭和30年代の「栄養改善普及運動」でバランスのとれた食事を広めてから、ママたちが献立に悩むようになった
・昭和30年代より以前の日本の伝統食は、シンプルで栄養価も高く、献立も簡単

【昭和30年代以前の日本の伝統食】
ご飯・味噌汁・漬物・手に入った魚介類や豆類、季節の野菜やイモ類を足す
この型を常に頭に入れるのが迷わないコツ

きぶんやママ
きぶんやママ

献立に悩むようになった背景が見えてきましたね。

昭和30年代以前の日本の伝統食は、シンプルで調理法も簡単!

手に入る食材も限りがあるので、迷いようがありませんね。