【偏食】給食が食べられない息子、お弁当を持っていくことになった話

給食を弁当に

口の中やにおいなどの感覚に過敏な息子(現在小学校4年生)は、3年間給食に苦しみました。ご飯と牛乳は食べられますが、おかずはほとんどたべられません。小麦を食べると下痢をするらしく、パンや麺の日は牛乳のみ。

空腹で6時間授業に耐えなければなりませんでした。高学年になればもっと6時間授業の日が増えます。身長体重も減少傾向。校医に相談したところ、お弁当を持っていっていいことになりました。

どうしてお弁当が許されることになったのか、校医や担任の先生とどんなことを話し合ったのか説明します。

きぶんやママ
きぶんやママ

給食が食べられていない子は意外と多い!そんな子を持つママさんたちへ参考になると思います。

幼少期から小学校までの食事

息子は、幼少の頃からひどく感覚が過敏で、特に口内やにおいに敏感でした。そういうこともあってか、食事のことでかなり苦労しました。食べられる食材は増えたのですが、味や調理法が少しでも違うと食べられません。生活全般的に、こだわりがとても強いのです。

当時の食事については、過去のブログで書いています。→【偏食】偏食息子の体は、これでできている!9年間の食事と身長体重の振り返り。

外食はほとんどできませんでした。スーパーのお惣菜やお弁当も食べられるものがほとんどありませんでした。それでも、家での食事はなんとか食べてくれていたので、極端に体重が増えたり減ったりすることはありませんでした。

ところが、小学校に入ってからお昼が給食となり、息子の苦心が始まります。給食での苦心は、過去のブログでも書いていますが、→【偏食】学校の給食が嫌でたまらない、HSC偏食息子の苦悩

主にこのような点で苦しんでいました。

【給食で苦しんでいたこと】
・毎日違うメニューが出て、味に慣れることができない
・パンや麺を食べると、お腹の調子が悪くなって下痢になることが多い
・マヨネーズやケチャップ、ソースなどの洋食味が多い
・ご飯、味噌汁、おかずのような和食スタイルがあまりない

最近では、外国理解と給食がコラボされて、外国の料理を食べてみよう!なんて日もあり、和食以外のものをあまり受け付けない息子にとっては地獄の日だったと言います。

主食がご飯の日は、牛乳とたっぷりのご飯、おかずは一口程度だけ食べて、味に慣れるように頑張ったという息子。しかし、どうしてもおかずが嫌でたまらなかったと言います。パンと麺の日は牛乳のみ。「パンと麺の日は学校に行きたくない」と言い出しました。

校医に連絡をとったきっかけ

「少しずつ食べながら、段々と味にも慣れて食べられるようになるんだよ。」「食べる機会が全くないと、慣れることもできなくなるんだよ」と説明して、今までなんとか給食を続けてきました。いつか給食の味にも慣れてくるのではないかと期待して。

しかし、最近身長体重の曲線が少し「やせ」に傾いていっている事に気がつきました。

学校は安全に勉強ができる場所であるはずです。学びたいのに、給食が食べられないからという理由で、不登校になるのは私としては納得がいきませんでした。また、息子も望んではいません。だからこそ空腹になってでも今まで通っていたのですが、健康のことを考えるとこのままで良いのだろうかと悩みました。

また、「小麦製品を食べると下痢になることがある」という息子の話も無視できません。発疹が出たり、痒くなったりはしていないのでアレルギーではなさそうですが、「下痢になる」から食べないというのは明らかに健康上問題があります。

それでも、学校に連絡をとることを拒む自分がいました。「給食を弁当にしてもらった」という話は、アレルギーでは聞いたことがあっても、こういう場合では聞いたことがなかったからです。

そんな矢先、学校の校長先生が退任されると挨拶に来てくださいました。その時、なぜか校長先生は「食育の話がしたかったなぁ」とつぶやかれるので、つい息子の給食の話をしてしまいました。すると、「一度校医に相談してみてはいかがですか?学校は、校医の一声があれば動きやすいのです」と答えてくださいました。

ようやく、私は背中を押されるがまま、校医の先生がいる病院を調べました。すると、そこにはこんなメッセージが。「学校のことでお悩みの方は、メールでのお問い合わせをお願いします。」

新型コロナの関係もあり、病院が密になるのを避けているのか、精神的に不安定になるお子さんが多くて問い合わせが多いのか、理由はわかりませんが、メールでも聞いてもらえると知って一気にハードルが下がったのです。

校医の先生とメールをやりとり

とりあえず、息子の身長体重曲線とアレルギー検査表を添付し、状況を説明しました。春休み中の朝メールを送ると、30分後にもう返信がありました。ちょうど先生がメールチェックする時間だったみたいです。要約するとこのようなメールが届きました。

グルテン不耐症という、アレルギーではないが小麦を食べると体調不良になる方は存在します。日本では特別な検査が必要で診断が難しいです。
おかずが食べられないのは偏食傾向があるのでしょうか?食事以外にこだわりで生活や学習面で不都合を生じることはありますか?
学校と情報共有し、お弁当が可能ならお願いしてみようと思います。

整理すると、「グルテン不耐症の可能性」「食事以外のこだわりは?」「弁当対応学校と交渉」ポイントはこの3つです。

食事以外のこだわりを指摘された理由はよくわかりました。なぜなら、このブログでも紹介しましたが、息子の極度な偏食は「自閉症」傾向のある子供達にもよくみられるからです。

そのブログはこちら→【偏食】偏食の2つの原因とは?自閉症の子ども達の偏食から学ぶ【偏食】偏食には3タイプある、自閉症の子が通う療育センターより学ぶ

そこで、息子は確かに他のことについても「こだわり」が強かったことを知らせました。しかし、対人関係は良好で、人の気持ちもよくくみとっていること、恥ずかしさで目が合わないことはあるし、あまりしゃべる方ではないが、あまり問題視していなかったことなどをメールで知らせました。すると、次のような返事(要約)が届きました。

ご本人に感覚過敏が存在すると思われます。感覚過敏や選択的食べ物の摂取は、自閉症スペクトラム(ASD)を疑うきっかけ、根拠になることが多いです。
ただし、ASDのもう一つの根拠、コミュニケーション障害の程度は周囲の環境や、年齢により評価が変わります。
学校に連絡を取りました。担任とも相談してみてください。

大人でも何かしらコミュニケーション障害らしき症状を持っている方はたくさんいます。例えば、目が合わない、あまり人に興味がない、自分の気持ちを話さない、、、、自分にだって多少あるかもしれません。グレーゾーンの人は大人でもたくさんいます。

でも、皆それは個性ととらえていることが多く、本人が生きづらさを感じたり、周囲が無理解だったりすれば診断が必要になるのかもしれません。

まぁとにかく、こちらとしてはお弁当の話を学校にしていただけたことで前進しました。まさか、話が自閉症スペクトラムの疑い方面へ行くとは思いもよらなかったのですが、先生から一言もらえたことは大きな一歩でした。

担任の先生との話

担任の先生は、学年が変わって新しい先生になりました。当然息子の給食の状況など知らないので、よく説明をしました。そして、校医の先生にも見せた身長体重曲線と、アレルギー検査表を見せました。

すると、学年主任の先生がある数字を見て驚かれました。

非特異的IgE 1600

せ、1600!?これは高い!!そう言われて、私の方がびっくりしてしまいました。耳鼻科の先生に、この数値は結構高い方で、ぜんそくになりやすいと思いますと注意されていた数字です。それにここまで反応されるとは、私自身驚いたのです。

先生の息子さんが、この数値が700だったそうで、その時病院の先生に「700は相当高い方ですからね、アレルギー体質であることを肝に銘じておいてください」と言われたそうです。

700でも、外に出てちょっと走れば喉がヒューヒュー言うし、食材にも色々アレルギーがあるという先生の息子さん。食事の内容を聞くと、我が子と同じようにシンプル好きで、和食が好みと言います。

学年主任さんの息子さんのおかげで(?)、息子の状態や嗜好、グルテン不耐症かもしれないことなどスムーズに分かっていただけました。しかも、何よりその主任先生が偏食だったのです。

先生は給食を我慢して無理矢理飲み込んでやり過ごしていると言いますが、本当は弁当が良いそうです。奥さんに相談しようものなら、「給食食べろ」と言われるから言えないとのこと。

好き嫌いで弁当にすることはできないけれど、健康上問題があるなら話は別。また、過去には東日本大震災の時に「放射能が心配だから」という理由で弁当にしていた子がいたとのこと。

「こんなこと言うと栄養教諭の方に叱られますが」という前置きで、「弁当にしてもらって、午後の授業をしっかり聞いてもらったほうが良い。給食で学校に来られないなんて話はない。」と、教育委員会に了承をとってくださいました。

牛乳は好物でないけれど、1本毎日飲んでいたので、飲めるものを除去する必要はないと思い、弁当+牛乳という対応にしていただきました。

まとめ

今回4年生から、弁当+牛乳対応としていただきました。息子は給食のこと以外で困ったことはなかったので、現在はなんの不満を感じることなく通学できています。

好き嫌いで弁当を選ぶことはできませんが、息子のように身体的な症状が出ている方は一度校医の先生に相談されると良いかもしれません。以下のような状態であれば、相談したほうが良いと思います。

・給食がほとんど食べられていない場合
・アレルギーなどが多い場合
・牛乳(乳糖)や小麦(グルテン)をとると下痢になったりお腹の調子が悪くなる場合
・身長体重が減少傾向にある場合

しかし、このような例もありました。

友達の娘さんは同じように給食が食べられず、一時期あばらぼねが見えるほど痩せてしまったけれど、小学5年生になってからなぜか給食が段々食べられるようになったそうです。

「周りと同じものが食べたい」という欲求が強かったようです。でも、それはアレルギーや不耐症とは別次元の話ですが。

そういうことを考えると、一概に「弁当にしたほうが良い」とは言えません。お子さんの身体的な状態によって対処は違うと思います。

校医や担任の先生ともよく相談をし、一時期だけ弁当にしてもらう、もう少し給食で頑張ってみる、など色々な対処が考えられると思います。

きぶんやママ
きぶんやママ

一人で抱え込まず、周りの人に相談する大切さを学びました。

今後は、アレルギー検査をもう一度やろうか考えています。過去に調べた食材が、的外れなものだったと思うからです。

また、自閉症スペクトラムか調べることもできますが、現在非常に調べたい人が多くいて、何ヶ月も待ち状態とのこと。調べるより先に、そういう傾向がある子にはどういう対応をすると良いのか調べてみようかと思います。

【偏食】偏食息子の体は、これでできている!9年間の食事と身長体重の振り返り。

身長体重曲線

現在小学校4年生の偏食息子。小さい時は、こんな食事で果たして体が大きくなるのかしらと心配でした。でも案外順調に育っています。

栄養士さんに相談しても、「いつか食べられるようになりますよ」。私も実は栄養士なんですが、同じように偏食さんにはそんなことを言っていました。今は言われた人の気持ちが分かります。「いつかっていつなんだー!」

同じように子どもの偏食で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、息子の9年間の食事と、身長体重について振り返ってみようと思います。

きぶんやママ
きぶんやママ

こんな食事で大きくなるのかしら?と心配しているママさん達の参考になると思います。

幼少期の息子は感覚過敏あり

息子は幼少の頃から極度の感覚過敏で、特に皮膚と口内、におい、音に感覚過敏がありました。(ほぼ全感覚!?)

それゆえ、目新しい食べ物は口にも入れず、においを嗅ぐだけで気持ちが悪くなるような状態でした。しかし私は自分が栄養士ということもあり、息子に偏食になって欲しくないという一心で、一口は食べようとか、においだけでも嗅いでと、とにかく必死でした。

料理したり、収穫体験したり、そういうことも大事だと思い、一緒にご飯を作ったり、トマトやピーマンを収穫したりもしました。

おかげでご飯と味噌汁は作れるようになりました。「自分で作ると美味しい!」と言ってくれることもありましたが、食べられるものはやはり限定的でした。

ピーマンの実験
5歳の頃作った、ピーマン塩炒めの実験。左が初めて、右が2回目に挑戦したもの

彼の偏食には次のようなことが言えます。

食べられる「食材」はそれなりにあるけれど、
「調理法」や「味付け」には非常に過敏

では具体的に、どのくらい食べられる食材があるのか、どう過敏なのか、主食・主菜・副菜別に見てみましょう。

当時の息子が食べていたもの(主食編)

下の表は、息子が幼少期に食べていたもののリストです。まずは主食。

ご飯おかゆ
そばラーメン(醤油味のみ)
食べられていた主食のリスト

ご飯は大好物。なんならおやつにも「おにぎり」を食べていました。

おにぎり
特に好きだった赤米入りのおにぎり。味は塩のみ。

おかゆは、私が食べていたおかゆが美味しそうに見えたようで、食べるようになりました。当時疲れ切っていた私は、「疲れたらおかゆを食べなさい」という本を読んで実践していたのです、、、。

そばも大好物。わさびもつけて、まるで粋な江戸っ子。

ラーメンはリンガー◯ットのラーメンが好きです。少しでも野菜を食べて欲しかったので、外食と言えばこのラーメンでした。(野菜がてんこ盛り)しかし野菜を最後に一生懸命食べるのは私の役割だったかも、、。

家で作る袋もののラーメンは、丸ちゃん◯麺の醤油味しか受け付けません。なんと、◯清の醤油ラーメンにするとバレてしまい、「これは違う!」と言って受け付けません。これには私も憤慨しました。こんなに過敏だなんて、ラーメンのソムリエにでもなれそうなくらい

スパゲッティやパンは食べません。洋食はとにかく受け付けません。ピザなんてもってのほかです。うどんは食べられますが、あまり食べません。(小麦のものは避けがち?)

ちなみに、ラーメンって中華でしょ?と思われる方が多いかもしれませんが、日本のラーメンは中華のラーメンとは別物と言っていいくらい違います。日本のラーメンは、出汁に魚介や鰹節が使われていたりして、結局日本の味なんですよね。

ということで、息子は和食(ご飯やおかゆ、そば、日本のラーメン)を好むと言って良いのでしょう。

当時の息子が食べていたもの(主菜編)

今度は、タンパク質系の食べ物です。

卵の白身えび、いか、かに貝類魚(刺身か塩焼き)
牛肉(メンチカツのみ)鶏肉豚肉のハンバーグしらす
豆腐納豆牛乳わかめ、のり
食べられていた主菜のリスト

卵は、白身だけです。黄身はダメです。このおかげで、彼の幼稚園のお弁当には何度となく卵の白身が1品になりました。(本当は卵焼きを入れたかった、、、)

魚介は比較的何でもいけます。でも、味はとにかくシンプルに。生か塩焼き、酒蒸し。しらすは特に好物。エビも好きですが、エビフライにタルタルソースなんてついていようものなら、衣を全部はがしてくれと言われます。

鯛塩焼き
鯛の塩焼き

肉は鶏肉がほとんど。脂分が嫌いなようで、ささみか胸肉ばかりでした。よく作ったのは鶏ハム。まるでダイエットでもしている人のよう。

牛・豚肉はメンチカツかハンバーグに。しかし、味付けはケチャップやソースはつけません。何もつけずに食べます。肉そのものに塩味を効かせて作っていました。外食ではソースがつきものなので食べられません。

小学校に入ると、豆腐とわかめの味噌汁や納豆も食べられるようになり、豆類からもタンパク質が取れるようになりました。ただし、味噌汁の豆腐だけです。麻婆豆腐なんて見向きもしてくれない。

牛乳は飲めなかったのですが、チョコレートが詰まっているストローみたいな商品を買い、それでおやつに飲んでいたら、いつの間にか飲めるようになりました。そのおかげで、給食の牛乳は飲めるようになりました。↓こんな商品です

≪単品販売≫[12]【フェルフォルディ クイックミルク・チョコレート5P 30g(6g×5本) 1袋】 牛乳が簡単にチョコレートミルクに! 牛乳が苦手な方にも カルシウム ハンガリー産 ギフト おしゃれ 朝ごはん 朝御飯 おやつ 保育園 学童 幼稚園

価格:216円
(2021/4/18 13:47時点)
感想(0件)

体が欲していたのか、タンパク質系は比較的よく食べられています。昔の日本人は豆類、魚介が主なタンパク源で、鶏肉がたまに祭りなどで食べられていたそう。味付けにしても、彼の食事はまるで江戸時代だなぁと思いました。

当時の息子が食べていたもの(副菜編)

多くの方が頭を悩ませる副菜です。

もやしレタスしそ、大根パセリ
にんじんれんこんえのきスプラウト
ピーマンみかんいちご
ぶどうバナナ
食べられていた副菜のリスト

偏食の割には、結構あるんじゃない?と思われるかもしれません。(これだけ?って思う方もいるでしょう、、、)でも、味や調理法はかなり限られています。

まずもやしは、エビと一緒に塩で炒めると食べられます。ラーメンにもやしを入れれば食べられます。他の調理法のもやしは受け付けてくれません。

レタスは、ちぎってめんつゆにつけると食べてくれます。スプラウトもその容量で食べます。めんつゆの味が好きなんですね。他のドレッシングでは食べてくれません。めんつゆは、我が家では和風のドレッシング扱い。

めんつゆをかけたスプラウト
めんつゆをかけたスプラウト

しそと大根をセットで載せました。なぜかというと、これは刺身の「つま」だからです。大根は生で、醤油をつけて食べるのならOK。他の煮た大根などは一切ダメです。そういう理由でわさびも好きです。

にんじんはです。何もつけずに。ピーマンは、自分で炒めたものは食べられます。味は塩。

えのきは「味噌汁だったら」食べられます。つまり、彼の味噌汁の具は常にえのき、豆腐、わかめになってしまいます。

れんこんは、「れんこんチップスにすれば」食べられます。最近はれんこん天ぷらも何とか食べられるようになりました。少しでもカリッとしていないと食べてくれません。

揚げたれんこん
揚げたれんこん

果物は割と色々食べていたんだなぁと、表にして改めて気がつきました。食べないものばかりに目が行っていたなぁと反省。特に柑橘類が好きで、冬はみかんばかり食べていました。

味や調理法は限定されているけど、結構食べられてる?

以上、息子が幼少の頃食べていたものでした。

表にすると、「食べられてるものが結構あるんじゃない?」と私は思ってしまいました。もっと少ないと思っていたのです。結構あるんですよね。

偏食が子どもにあると、親としては食べられるものがすごく少なく感じます。調理法や味が限定的だから、「この子はこんなことで大きくなれるのかしら?」と心配になります。

偏食でお困りの方は、ぜひ上記のように、一度食べられるものを表にしてみて欲しいと思います。料理名ではなく、食材名で。すると、案外食べられるものは思ったより多くて、安心できる材料となるのではないでしょうか。

できないことより、できることを見てあげる。これはけっこう大事かなと思います。

身長と体重の変化は?

こういう食事で過ごしてきて現在小学校4年生になりますが、身長と体重は案外普通です。

下の表は、息子が幼児期の身長と体重の変化です。

偏食息子幼少期の身長体重変化
幼少期の身長と体重の変化

生まれてすぐに入院が必要な胃の病を患った割には、やせもせず、結構普通の身長体重曲線です。

次に、小学校1〜3年までの身長体重です。

身長体重曲線
小学校1年〜3年の身長体重

これをグラフにすると↓

身長体重曲線
小学校1年〜3年の身長体重曲線

身長体重は普通の範囲内に収まったままです。ただ、小学生になって曲線が2「やせている」に近づいてきているように思います。これは、お昼ご飯が給食になり、ご飯と牛乳しか口にしていないことが原因だと思っています。

小学生になってからは給食で苦戦

食べられる食材は結構あることがわかりましたが、調理法や味付けは彼独特のものです。当然、給食のおかずが口に合うこともありませんでした

一口は食べようねと先生に言われ、頑張ってきたものの、結局耳かき1杯ほどしかおかずは食べられていないようです。感覚が過敏な彼には、給食の奇抜なメニューはすぐに受け入れられず。しかも、毎日違うメニューが出るので、慣れることもできません。給食のメニューがパンと麺の日は、牛乳しか飲めず、午後の授業に支障をきたしています。

そこで、4年生になる前に校医に相談、弁当対応にしていただきました。そのことはまた後日ブログで書こうと思います。→アップしました。よかったら参考まで【偏食】給食が食べられない息子、お弁当を持っていくことになった話

まとめ

9年間の息子の食事と身長体重を振り返った結果、以下のことが分かりました。

=メモ=
・食べられる食材は、表にすると思ったよりあった
・和食を好み、味付けは塩か醤油でシンプル
・身長体重は順調だった
・小学校の給食が始まってから少し体重が落ちてきた

身長体重だけで健康かどうかは計り知れないですが、少なくとも活力はあり、毎日排便もあります。味や調理法が限られていて、人より過敏ですが、今のところ健康に生きています。

ただ、慣れない味や料理の多い給食は彼にとって悩みの種で、1年生から身長体重曲線が徐々に「やせ」に近づいていることと無関係ではなさそうです。

そこはこれからの課題だと思います。

弁当対応にしてもらう前の給食の様子は、こちらのブログに書いてあります。参考にしてみてください。【偏食】学校の給食が嫌でたまらない、HSC偏食息子の苦悩

1日2食だった江戸時代以前の日本人、死因のトップは感染症。どんな栄養が不足していのか?

江戸と感染

江戸時代以前の日本人は、1日2食がスタンダードだったそうです。内容も非常に粗食でした。死因のトップだった感染症と、当時の栄養状態に関係はあるのでしょうか。

昨今、1日3食を2食にしたりと、食事回数をあえて減らす健康法が流行っているようです。実際、体調が良くなったという方の話もよく聞きます。

はたして、食事回数を減らしても問題はないのか、栄養が不足することと感染症に関係はあるのか、その辺りを調べてみました。

きぶんやママ
きぶんやママ

食事回数を減らしたり、粗食にすることに挑戦しようとしている方に参考になると思います。

江戸時代の死因トップは感染症だった

江戸時代の死因はどんなものであったのか、探ってみましょう。江戸時代campasさんのHPによると、以下のような死因であったようです。

乳幼児死10歳までの子では4割が亡くなっていた。死因は病気など。
麻疹(はしか)ウイルス性の病気。江戸時代では13回の大流行。
天然痘数十年置きに大流行。死に至ることも多かった。
コレラ江戸時代後期に流行。江戸だけで24万人亡くなった。
江戸時代campasさんHP参考の上、筆者作成。江戸時代の主な死因

江戸時代は抗生物質がなかったですし、予防接種も江戸時代末期にならないとありませんでした。ですから、麻疹や天然痘、コレラなどの感染症が流行ることが多く、感染症で亡くなる方が多かったのです。

1日2食で食事回数の少なかった江戸時代の人々、内容も粗食でしたが、少なくとも飢餓状態で亡くなったのではなく、死因のトップは「感染症」でした

栄養不足で感染症にかかりやすかった?

死因のトップが感染症だったとすると、江戸時代以前の食生活が1日2回食だったり、内容が粗食であったりしたことが、寿命に関係なかったと言えるでしょうか

もし言えるのだとすると、現在1日3食をやめて、食事回数を減らそうかと考えている方には朗報ですね。

私もそうだったら良いのになぁと思ったりします。無理して空腹でもないのに「栄養をとらないと」と焦っている自分がいるように思うからです。時には、子供のように「身体の状態に正直に」反応して食事をしたいと思うのです。

しかし、そうは簡単に話がすすみません。

なぜかというと、感染症は「衛生状態」や「栄養状態」の悪さでかかりやすくなる病気だからです。

つまり、直接的には栄養不足や飢餓状態で亡くなる方は一般的ではありませんでしたが、栄養不足が引き金となって「感染症」にかかりやすくなっていた可能性は捨てきれないのです。

「低栄養」や「やせ」の方は感染症にかかりやすい

一般的には、低栄養の方やBMI(体格指数)がやせの方は感染症にかかりやすいと言われています。日本臨床栄養代謝学会でも、このように説明しています。

一方、生体の免疫力は栄養状態によって支えられており、低栄養で特に筋肉量が減少した人あるいは動物では、明らかに細菌やウイルスなどの感染症に対する免疫能が低下していることが知られている

一般社団法人 日本臨床栄養代謝学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の
治療と予防に関する栄養学的提言より引用

1日2食で、内容も粗食だった江戸時代以前の人々。だから感染症が流行ったのであれば、「低栄養」やBMIが「やせ」の人だらけだったのでしょうか?

調べようもないことですが、私はそうでもなかったのではないかと思います。江戸時代以前の方々は、粗食とはいえ、男性は1日5合もお米を食べていたと言います。

江戸時代の食事についてはこちらのブログで紹介しています。→なぜ1日2食や1食にすると体調が良くなる?1日2食で内容も粗食だった江戸時代をヒントにした、私なりの考え方

お米にもタンパク質は含まれています。あまり多くはないですが、お米から植物性のタンパク質を得て、今の人々よりも体を酷使していて、人々が逞しい体つきだったという記述も当時の書物にあるそうです。

ただ、地域によってはタンパク質が不足していたかもしれません。当時の記述に、「魚は1ヶ月に3回程度手に入った時に食べていた」とあります。豆腐は比較的容易に手に入ったようですが、今のように十分に手に入ったとはいえないようです。

ビタミンやミネラル不足が原因?

他に考えられることは、ビタミン・ミネラルの不足です。現代の日本人も不足しているビタミン・ミネラルは多いのですが、当時もそうだったかもしれません。

感染症予防に有効なビタミンとしてよく言われるのが、下の図の通りです。

ビタミンDウイルスを防ぐデフェンシンというペプチドを作る働き
ビタミンA免疫細胞の成熟に必要
ビタミンCウイルス感染防御能を高める
女子栄養大学 香川靖雄副学長 新型コロナウイルス最新情報と予防栄養学より引用

私の息子は偏食があり、白いご飯が大好きでおかずをあまり食べません。そこで、過去のブログで「ご飯だけでどれだけ栄養素がとれるか」調べたことがあります。

そこで、ご飯に玄米を入れることでかなりのビタミン・ミネラルが向上しました。しかし、どうしてもとれなかった栄養素があります。それが、「ビタミンA」と「ビタミンD」、そして「ビタミンC」でした。

この3つは他のおかずから補う必要がありました。ご飯食に偏っていた江戸時代以前の人々も、同じ状況だったのではないでしょうか。それらの栄養素が不足していたことにより、感染症にかかりやすかったということが言えるのではないかと私は考えています。

[余談] 江戸時代の平均寿命は30〜40歳

ところで、江戸時代の平均寿命は短かったとよく言われます。これは死因の感染症と関係があるのでしょうか。

ちなみに、江戸時代の平均寿命は大体30〜40歳前後とされています。

私は今そんな歳なので、「え!もう死んじゃうの、、、」と悲しくなりました。現在の平均寿命は男性81.41歳、女性は87.45歳ですから、(令和元年簡易生命表より)比較すると江戸時代の平均寿命は相当短いと思ってしまいます。

しかし、実はこの平均寿命にはカラクリがありました。

実は、江戸時代以前というのは、乳幼児がたくさん亡くなる時代だったのです。平均なので、亡くなる乳幼児の数もそこに入っているのです。

ですから、乳幼児時代を生き延びることができれば、長寿になる可能性は今と同じレベルくらいあったと言われています。

葛飾北斎や徳川家康などなど、長寿の方はたくさんいました。

まとめ

=MEMO=
1日2食だった江戸時代以前の人々の死因トップは感染症
感染症のかかりやすさは「衛生状態」と「栄養状態」が関係している
栄養状態では、「低栄養」と「やせ」で感染率が高い
江戸時代以前の人はタンパク質やビタミンが不足気味だった可能性あり

以上が、江戸時代以前の食事と死因を見た時の、私なりの考察です。

これから食事回数を減らしたり、粗食にしてみようと思われる方は、まず自分のBMIが「やせ」に入っていないかを確認して欲しいと思います。

また、「やせ」に入っていない場合も、タンパク質やビタミンはとって欲しいと思うのです。

ただし、「ビタミンA」と「ビタミンD」については、サプリメントなどのとりすぎによる過剰症が問題になっています。どちらもとりすぎると身体に悪影響が出る脂溶性のビタミンなので注意していただきたいです。

食事でとる分には、まず過剰症になるほどとれないので、心配しなくても大丈夫です。問題はサプリメントでとる場合です。食品でとるよりも吸収されやすいので注意が必要です。(ビタミンCは、水溶性なので、とりすぎても尿と一緒に排出されます)

なお、感染症というと今は「新型コロナウイルス」が頭によぎりますが、女子栄養大学の香川先生はコロナにも先程のビタミンは有用だとおっしゃっています。

きぶんやママ
きぶんやママ

感染症を防ぐ意味でも、やせの方は食事回数を減らすのは要注意です。

過去のブログで、ちょっと肥満の方は感染症に強い話を書きました。そちらも参考にしてみてください。→「ちょっと肥満」の人達は新型コロナに強いことが判明!

長期休み中取り入れて、子どもの体力作りに役立ったもの3選

おすすめの遊び

新型コロナの影響で、長期休み中も出かけづらい日が続きますね。体力の有り余っている子どもたちには、とても酷な状況です。

そんな時におすすめ!我が家で取り入れた「体力作りに役立ったもの」を3つご紹介します。大人でも使えるものばかりです。

体力作りに役立ったもの その1「室内鉄棒」

我が家の周辺には公園があまりなく、鉄棒の練習をしようとするとわざわざ親子で出かけなければなりません。自然と縁遠くなってしまった鉄棒。昔は逆上がりが出来ていた9歳の息子も、出来なくなってしまいました。6歳の娘は出来た試しがありません。

そこで、家の中でも出来る鉄棒を買おうと思いましたが、買ったお友達からは「その内、布団干す時にしか使われなくなるよ」なんて声もちらほら。

逆上がりは、体重が軽い低学年の内に練習するのがベストとも言います。息子はタイムリミットが近づいている、、、。悩んだあげく、インターネットでこんな良い商品を見つけました。

【レンタル】【1ヶ月】鉄棒 室内 折りたたみ鉄棒 1ヶ月レンタル 信頼 安全 の SGマーク取得 逆上がり てつぼう おりたたみ 折り畳み 耐荷重80kg 子供 対象年齢 3才 – 7才 逆上がり 補助ベルト クッション マット 男の子 女の子 ★[送料無料]

価格:2,970円
(2021/4/9 15:05時点)
感想(49件)

鉄棒が1ヶ月レンタル出来るのです!しかも、安全マット逆上がり補助ベルトも付いてきます。お値段は、2,970円。普通に買うと、鉄棒だけで5,000円〜18,000円(随分幅広い)して、さらに安全マットや補助ベルトは別で購入しなくてはなりません。

とにかく私は、子ども達が鉄棒に飽きた頃に、鉄棒が「布団干し」と化してしまうのが嫌だったので、迷うことなくレンタルを選びました。

早速上記の会社からレンタルしました。段ボール箱に入った鉄棒は、佐川急便の宅配で届きました。バラバラに分解されているので、思っていたよりコンパクトな梱包で届きます。1ヶ月後また返すので、佐川急便のお兄さんに送料や集荷依頼方法などを聞いておきました。

鉄棒は自分で組み立てなくてはなりませんが、とても簡単です。私一人でも十分出来ましたよ。4畳半の和室に置くと、こんな感じです。

4畳半に鉄棒

組み立てて数分後、二人から「逆上がりが出来た〜!」との声が!まさかそんなに早く!?

その秘密は、付属していた「補助ベルト」にありました。これは本当に素晴らしい商品!私も幼少の頃これが欲しかった!これのおかげで、逆上がりが苦手な我が子でも一人で出来てしまいました。鉄棒をレンタルしなくても、これだけを単品で購入して欲しいと思うほどおすすめです!

1年保証 鉄棒用補助ベルト 鉄棒 逆上がり 室内 室外 練習 補助 耐荷重80kg さかあがり ベルト 補助ベルト 長さ 調整 遊具 男の子 女の子 子供 キッズ こどもメモリ付き ★[送料無料][メール便]

価格:1,760円
(2021/4/9 16:35時点)
感想(123件)

結局、逆上がりが出来ない子というのは、体と鉄棒が離れてしまうからなんですね。腕の力がつけば離れないのですが、腕力が足りないもしくは体重が増えてきた子には難しいです。

でも、この補助ベルトが、体と鉄棒が離れるのを阻止してくれるので、苦手な子も坂上がりが出来てしまうんです。補助ベルトの長さを徐々に長くしていって、最後にはベルトなしでも出来るようにしていきます。

レンタルして1週間半経ちましたが、なんと長男はベルトなしで出来るようになりました。娘も、補助ベルトの一番長い位置まで伸ばしていて、この次はベルトなしという進み具合。レンタルして本当によかったと思います。

もし、1ヶ月以上レンタルしたくなったら、追加でレンタルすることも可能です。

余談ですが、体重80kgまで耐えられる補助ベルトですので、私もたまに挑戦しています。私が一番最後まで出来なさそう、、、。鉄棒の高さは3段階に調節が可能。大人もぜひ挑戦してみてください!

体力作りに役立ったもの その2「キックボード」

これは持っている方も多いかもしれません。色々なタイプのキックボードが売られていますが、我が家はこのようなボードを買いました。

キックボード キックスケーター 子供用 折り畳み式 収納らくらく キッズ プロテクター 2輪 誕生日プレゼント などにオススメ! ★t FJ1565

価格:2,980円
(2021/4/9 15:34時点)
感想(947件)

決めては値段の安さ!安くても申し分ない乗り心地でした。

我が家の付近は坂が多いので、ブレーキが付いていることが大前提でした。ブレーキは手元に付いているタイプもあるようですが、こちらは後輪に付いてます。ブレーキするには、片方の足で後輪を踏みつけます。慣れないうちは難しいかもしれません。

また、タイヤの数ですが、物によっては前輪が2つだったり、後輪が2つだったりするものもあります。我が家は小学1年生になる娘の入園祝いに買ったので、2輪付いているものはもう卒業かな?と思い、前後共に1輪のものを買いました。

2輪は安定性抜群で、幼児には良いと思います。でも、活発な男の子は案外小さい子でも乗りこなしてしまいます。3歳の男の子の友達は、娘に買ったこのキックボードをすぐに乗りこなしていました。年齢で考えるよりも、得意そうかそうでないかで選んだ方が良さそうです。

2つに折り畳めるので、親の自転車カゴに入れて公園にも持っていけます。また、手のグリップ位置が上下して調節出来るので、大人でも乗れてしまいます。

体力作りに役立ったもの その3「大縄」

小学生に大縄好きが多いと思うのは私だけでしょうか?インドア派の長男でさえ、大縄なら外に遊びに行くと言います。学校でも大縄はよく使われているようです。

この4月に入学する娘は、大縄が回っているところに入れませんでした。色々と出来ないことが多かった娘は、小学校入学に不安を感じているようでした。せめて一つでも出来ることを増やそうと、春休みに大縄を購入。

しかしこの大縄、なかなか売っていません。友達は、100円ショップの300円コーナーにあったと教えてくれましたが、ついに見つけられませんでした。ホームセンターでも、一人用の縄しか売っていません。そこで、ネットで検索。こちらを購入しました。

【IKEDA/イケダ】おおなわとび 44570 044570 縄飛び ナワトビ 子供用 なわとび 運動 スポーツ 大縄飛び

価格:385円
(2021/4/9 16:03時点)
感想(1件)

ネットは便利ですが、送料がかかってしまうのが難点。こちらなんて、商品価格より送料の方が高い、、、。

普段、楽天市場で購入する筆者ですが、一応Amazonでも調べました。Amazonは送料は無料でも(Amazonプライムに入っていれば)価格がもっと高かったりして、比較すると送料込みでも楽天市場の方が安かったりするんですよね。もちろん逆パターンもあります。また、楽天市場はポイントがつくので、それも考えないといけない、、、。ネットで買うときは、価格と送料、ポイント込みで比較しないといけないなぁと思います。

大縄は、一人用の縄を結んでも作れるのですが、どうしても結び目が解けてしまう。しかも、持ち手をそのままにして結ぶと、結んだ持ち手がちょうど真ん中にくるので、飛んでいる子に当たったり、道に当たって割れたりして結構危険です。

やはり大縄専用のものを購入して良かったと思います。

何より、購入して数日で、6歳娘が回転した縄に入れるようになりました!出来ることが春休み中に増えて、自信がついたようです。それに伴い、小学校への不安も少なくなっていきました。ちょっとした成功体験が、精神面でもプラスに働くんだなぁと思いました。

一つ難を言えば、縄がビニール製で軽く、風が強い日は回しづらい。大波小波みたいな、回さずに往復させる動きもやりづらいです。こういう動きには、やはり昔ながらの紐縄が回しやすいです。(ただ値段も高い)

すっかり大縄に入れなくなっていた私も、勘を取り戻してきました。縄を回すのは疲れますが、腕を大回転させるので肩周りの筋肉が大きく動き、肩こりには良いような気がします。

きぶんやママ
きぶんやママ

以上、体力作りに役立ったもの3選でした。

子供達の自信にもつながって嬉しい限りです。

皆さんもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

雨が降ってしまった時は、こんな過ごし方もおすすめです。→雨で外に行けないから、IKEAのアイロンビーズで遊んでみた

なぜ1日2食や1食にすると体調が良くなる?1日2食で内容も粗食だった江戸時代をヒントにした、私なりの考え方

江戸時代食事

最近、プチ断食やファスティングといった言葉を聞きます。断食ほどではなくても、1日3食ではなく、2食や1食に控える方も多いようです。

そうした方々は、「控えたら体調が良くなった」と言う方が多くいます。なぜなのでしょうか?

そのヒントが、江戸時代以前の食事にあると私は考えています。当時の日本人は、1日2食が普通だったという事実を知ってからのことです。

しかも内容は粗食。毎日献立に悩むなんて、当時では考えられないことだったでしょう。

1日2食の内容はどんなものだったのか。なぜ現代では1日3食になったのか。そのあたりを調べつつ、なぜ2食や1食に控えると体調が良くなる人がいるのか考えてみました。

きぶんやママ
きぶんやママ

食事回数を減らしてみようかしらと思っている方へ、参考になると思います。

江戸時代以前は1日2食

まず、江戸時代以前は1日2食だったという話をしたいと思います。

詳しく言うと、江戸時代の中期以前までは1日2食が普通で、中期頃の元禄年間(1688〜1704)から1日3食にになっていったと言われています。

1日2食だった頃のお公家さんは、朝食をお昼くらいに、夕食は夕方4時頃食べていました

農民も、朝早く起きて一仕事終えてから朝食を食べ、仕事の合間に遅い昼食をとったそうです。

つまり、身分の差に関係なく、1日2食が普通でした。

なぜ2食だったかといえば、それで空腹が満たされていたからなのでしょうね。昔の人は、「そんな食べ方はカルシウムが足りない」とか、「朝ごはんを食べないと学力が低下する」なんてことを考えて食べていません。

体調が良いか、そうでないか、空腹か、そうでないか、体の声に反応しながら食べてきました

もしかして現代でも、子どもたちはそれがよく感じ取れるのかもしれないなぁと思ったりします。

なぜなら私の娘(6歳)は、朝食を食べた後(仕方がなく食べたといった感じ)10時ごろに決まって「お腹すいた」と言います。そして、昼食を食べた後(10時につまんだのであまり空腹じゃないのに食べる)15時か16時頃また「お腹すいた」と言います。

これってまさしく、江戸時代以前のパターンではないですか!?

同じように、私の父がお菓子箱からゴソゴソ美味しそうなものを取り出す時間も、午前中10〜11時と、15〜16時あたり。

中年層の私は、空腹だから食べるのではなく、「仕事の休憩時間だから」、もしくは「今までそうだったから」という体の声を無視した形で食べています

単に胃の内容物が2時間程度で消化されたから、10時頃と16時頃に空腹になっただけかもしれませんが、それにしても現代人の1日3食のタイミングは体の声を無視したタイミングとなっているのかもしれないと思わずにはいられません。

なぜ1日3食になったのか

しかし、そんな江戸時代の中頃(元禄年間)に、ついに1日3食の波が押し寄せました。一体元禄年間に何が起きたのか。

諸説あるようですが、そのうちの一因として「夜の時間が伸びた」ことがあげられます。

江戸時代中期以前は、人々は日が沈むと共に寝ていました。当時は電気がないので、夜の灯りは菜種油を燃やして灯りとしなければなりません。しかし、当時菜種油は高級品だったので気軽に買えませんでした。

早く寝ていたので、10時頃と16時頃に食べれば空腹を感じることもなく、床につけたのでしょう。

ところが、元禄年間の頃から菜種油の価格が下がり、それと同時に人々の夜時間はどんどん長くなっていきました。すると、1日2食ではお腹が空いてしまうので、段々と3食になっていったのです。

しかし現代は、当時よりもさらに夜時間が長くなっているのでしょうね。特に日本人は睡眠時間が他国の人と比べて短いそうです。それは、街が明るいせいだという指摘もあります。そうすると、1日3食でも足りず、夜食も含めて4食になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ちなみに、私は菜種油の灯りというのを博物館で体感したことがありますが、とても暗いです。

感覚としては、真っ暗な部屋にろうそくの灯りが1本灯った感じ。みんなでワイワイ飲み会が始まるような雰囲気にはなれません。それでも、あかりが全くなかった頃に比べれば、夜活動することが増えたのでしょうね。

電灯の発達が私達の食事回数を1日3食にした一因だっただなんて驚きです。

他の要因として、大火災後の家屋建築の為にたくさんの大工さんが必要となり、力仕事だった大工さんたちが2食では力が出ないので、3食になったという理由もあるようです。しかし、増えた1食は、外食が多かったようです。(お寿司屋さんや天ぷら、蕎麦屋など)

1日2食の食事内容

江戸時代中期まで1日2食だったとなると、日本人の長い歴史から見れば3食になったのはつい最近のことと言ってもおかしくないでしょう。すると、その間日本人はずっと栄養不足だったのでしょうか

それとも、2食で相当の栄養をとっていたのでしょうか。

当時の食事がどんなものだったか。それは、我が家の偏食息子の朝食のような内容でした。

ご飯
hsc偏食息子の朝ごはんの写真。

これを1日2回だけ。おかずは?と思われるかもしれませんが、魚などの主食は月に3回程度しか手に入りませんでした。豆腐料理はよく出ていたようですが、基本は「ご飯・味噌汁・漬物」。(写真には漬物の写真が載っていません。)

これでよく空腹じゃなかったなと驚かれる方もいるかもしれません。なぜ空腹にならないのか。それは、ご飯の量に秘密がありました。

江戸ガイドさんのHPによると、成人男性の場合、なんと1日に5合も消費していたとのことです。

我が家は四人家族ですが、1日3合もしくは4合で十分足りると思います。それが、当時は一人で1日5合だなんて驚きの数字です。

「糖質制限」だなんて言葉を江戸時代以前の人が知ったら、どうやって生きていけばいいんだ!と怒られてしまうでしょう。

江戸時代の食事まとめ

ここまで、江戸時代以前の食について知りました。少し整理すると、

=MEMO=
・江戸時代中期以前は1日2食だった
・内容は粗食だが、ご飯の量は成人男性で1日5合
・エネルギーのほとんどを炭水化物で補っていた
・江戸時代中期以降は夜時間が伸び、2食では不足して3食となった
・力を使う職業の人は2食では不足で3食となった

以上のことが分かりました。続いては、現代の食事、特に食事回数を減らすことについて考えましょう。

食事回数を減らすと、なぜ体調が良くなる人がいる?

現代、1日3食食べることをやめて、1日2食や1食にしている方々がいます。そうした方の中には、「体調が良くなった」「体重が減った」「胃腸が良くなった」などの声を多く耳にします。

なぜ体調が良くなるのでしょうか。まず、食事回数を減らすことについて、現代の栄養学に照らし合わせ、栄養士として考えた回答と、私なりの個人的な回答の2つを述べます。

1、現代の栄養学に基づいた栄養士としての回答

献立は、国が定めている各栄養素の基準値に合わせて作成します。1日3食食べる計算で作成しても、ある栄養素は基準値をどうしても満たせないということが良くあります。それでも、上下10%以内には収まるよう献立を立てなければなりません。

そのように考えると、食事だけで(サプリメントなどは考えないという意味で)各栄養素を1日2食か1食だけで不足しないように献立が作れるかと問われたら、まずそれは無理だと考えます。

普通に3食食べていても、カルシウムや鉄分、ビタミン類は不足しがちです。これを1食減らすとなると、余計にとることが難しいでしょう。

ここからは、やや現代の栄養学とは逸脱した話となり、私個人的な思いも含まれます。

2、個人的な回答

しかしそう考えると、なぜ食事回数を減らした方々が体調が良くなったりしているかの説明がつきません。私は、この部分で江戸時代以前の食事回数が少なかったことがヒントになっているように思うのです。

江戸時代中期から、3食になった理由に「夜時間が長くなった」ことと、「力仕事の人たちが増えた」ということがからんでいました。つまり、よりエネルギーが必要になったから3食になったということなのです。

しかし、現代は江戸時代に比べて交通手段が発達しており、あまり歩かなくても生活できてしまいます。また、テレワークなども増えました。それにより、今後は逆に、エネルギーが必要となくなってきているのかもしれないのです。

「粗食のススメ」本などでも著名な幕内秀夫さんは、自身のブログでこう記しています。

したがって正解は人それぞれだと思っています。「1食」や「2食」のほうが体調がいい人もいる時代になったということでしょう。

幕内秀夫の食生活日記ブログより

まさしくその通りだなぁと思います。

食事回数を減らして体調が良くなる方というのは、あまりエネルギーを必要としない生活様式だった、もしくは、栄養が過多傾向にあった方だと思うのです。

食事回数を減らすのが危険な人とは?

しかし、だからと言って、万人に対して食事回数を減らすことが良いとは言い切れないと思います。

もし、妊娠中の女性(以前も含む)や授乳中の女性、もしくはBMI(体格指数)がやせ傾向の方成長期にある子どもが食事回数を減らすことは、とても危険だと思います。

妊娠中や授乳中は、胎児または乳児の為に栄養がより必要となります。また、妊娠以前の女性も危険で、やせ体型の女性が妊娠すると、早産や流産になる確率が上がると言われています。

男性でも、やせ体型の方が食事回数を減らしている例をよく見かけます。男性は生理もなく、出産もないので、不調を感じずにいられるのですが、高齢になってからどんな影響が出てくるか分かりません。

成長期にある子どもは体を大きくしていく為にも、当然回数を減らすべきではありません。昨今では子どもの肥満や糖尿病も増えていますが、その場合はまず食事の内容を見直すのが先ですね。

今までの栄養学は、肥満を目の敵にしてきました。しかし、実は「やせ」も現代では多くなっており、問題視されています

最近の研究では、新型コロナに感染し、死亡してしまう率が「やせ」体型の方で一番多いという結果も出てきています。

詳しくはこちらに記載しました→「ちょっと肥満」の人達は新型コロナに強いことが判明!

きぶんやママ
きぶんやママ

現代人は、エネルギー節約の生活様式にシフトしていっているようですね。しかし、妊娠前・中・後の女性や子どもたち、「やせ」体型の全ての方々には食事回数を単に減らすだけでは危険なこともありますので、注意が必要です。

きらきら 酵素ドリンク 720ml 酵素 ダイエット ファスティング に! 酵素 サプリ をお探しの方にも nichie ニチエー

価格:1,990円
(2021/4/1 13:12時点)
感想(6103件)