間違えた!上新粉なのに、白玉粉のように団子を作っちゃった

皆さんは、白玉粉で団子を作ったことがあるだろうか。私はよく、仕事で作っていた。

老人ホームでも病院でも学校でも、だいたい白玉粉を使って白玉団子を作っていた。だから、作ったことがなかったのだ。「上新粉」の団子は!

白玉粉と上新粉、何が違う?

ご存知の通り、どちらもお米の粉。でもお米の種類が違う。

「白玉粉」はもち米を粉にしたもの。「上新粉」はうるち米を粉にしたもの。うるち米は、普通のご飯の米のことを言う。

なんだ、それだけの違い?と思われるかもしれないが、これだけの違いで作り方が全然違うのだ。

白玉粉と上新粉、作り方の違い

白玉粉の場合

白玉粉はご存知の通り、水を入れて練っていき、耳たぶくらいの柔らかさになったら団子状に丸めて、お湯で茹でる。

もち米で出来ている白玉粉は、最初練るのが水でも、十分に粘りが出るのだ。

出来た団子はつるんと柔らかく、月見団子のように重ねる団子には向かないが、フルーツポンチなどのトッピングにはよく合う。

上新粉の場合

上新粉はうるち米で出来ているので、最初水で練っても粘りが出ない。従って、お湯で練るのだ。

すごく熱い生地を、手水をつけながら団子にし、茹でるのではなく蒸す。熱くて手間がかかるのと、蒸さないといけないというところでハードルが上がる。

出来た団子は、月見団子のように重ねられるほどしっかりしている。

上新粉を白玉粉のように水で練るとどうなるか

今回は何も考えず、主人が買ってきてくれた上新粉を、いつもの白玉粉のように扱ってしまった。一体どんな団子ができたのか、お知らせしたい。

まず、上新粉180gに35gの砂糖を入れる。そして水を120~130mlくらい加えてよく練り、耳たぶくらいの柔らかさにした。

そして、娘と一緒に団子にした。白玉団子のように赤血球みたいな形にしようと思ったが、花見団子みたいにして!という娘の意向に従った。

団子にしているところ

赤血球みたいな形にしようとしている私は、やはり白玉粉だと完璧に勘違いしている。花見団子みたいにして!という娘の方が、これは上新粉なんだよとわかっているかのよう。

そうこうしているうちに、全ての粉が団子になった。

団子になった

どうしても団子の大きさは、手の大きさに比例するようだ。娘の団子は小さくて茹でやすそう。私の団子は、果たして中まで火が通るか、、、。

そして、もちろん私は白玉粉と勘違いしているので、蒸さずに茹でた。

大体4~5分もすれば、間違いなく浮かんでくるのに、今日はなかなか浮いてこない。10分近く茹でたような気がするが、ようやくお湯の中を漂い始めたので、氷水にとってみた。

娘は大喜びで、茹で上がった団子をさっさと食べている。

茹であがりの団子
娘の小さな団子は茹であがりが早い

「、、、美味しいけど、まわりが水の味がする」というので、きな粉をどっさりかけてあげた。

団子の中身はほんのり甘くて、確かに美味しい。まわりのきな粉をたっぷりかけると、申し分ない。

しかし、なんだか団子の舌触りがなめらかじゃない。ボソッとするような、固いような。食べられないことはないのだが、そんな感じ。

と、ここで白玉粉(と思っている)袋を再度見た瞬間、「あれ!?上新粉!?」

ここで気がついたのだった。

大変便利な「だんご粉」

世の中には、大変便利な粉がある。その名も「だんご粉」。

月見団子や花見団子のようなしっかりとした団子を、水で練って茹でる白玉粉式の作り方で作れちゃう優れもの。

白玉粉の作りやすさと、上新粉のハードなモチモチ団子という良いとこ取りをしたような粉、それが「だんご粉」だ。

だんご粉の気になる成分だが、白玉粉の原料であるもち米と、上新粉の原料であるうるち米がブレンドされているのがだんご粉なのだ。

まさしく良いとこ取り!

皆さんも、簡単に花見団子を作りたい時は、ぜひこのだんご粉を使うのがオススメ。私も今度はだんご粉にします。

缶詰の栄養学的4つの利点とは?大量のネギと鯖缶のレシピも紹介

完成したネギ鯖

缶詰をもっともっと利用したい!去年から私の中では、缶詰ブームが巻き起こっている。

皆さんは缶詰をよく利用されているだろうか。そうでない方は、ぜひ利用していただきたい。

缶詰の利点とは?

保存できるだけが利点じゃないのだ。もっと缶詰の良いところを知ろう。

栄養がつまっている

魚の缶詰は、骨ごと食べられる。普通の料理であそこまで骨を柔らかくするには、相当煮るか圧力鍋でも使わないといけない。骨からカルシウムなどの栄養素がとれる。

また、缶汁にも栄養素が溶け出ている。旨味もあるので、ぜひ一緒に使いたい。

旬の食材が使われている

缶詰の食材は、旬の時期に収穫したものを缶詰にする。つまり、その食材が一番美味しく、栄養価の高い時に収穫されたものを缶詰にするのだ。

食品添加物なし!

食材を長期保存しようとすると、必ず食品添加物が使われることになる。もちろん、体に害のないかチェックされているものが、適量使用されているのだが、とらなくても済むならその方が良いに決まっている。

レトルト食品や、加工品には決まって使われている食品添加物だが、缶詰には必要ない。なぜなら、腐敗の原因となる細菌が繁殖しないからだ。加熱処理されて真空状態になっている缶詰には保存料が必要ない。

安い!

大量に食材を買い付けて缶詰が作られるので、その分コストを抑えることができる。おいしくて、栄養があって、安い!これは使わない手はない。

大量のねぎと鯖缶で一品

良い事づくめの缶詰だが、一つ難を言えば、味が濃いことがあるということ。そのまま食べるより、調理して使った方がおいしく食べられると私は思っている。

そこで今日は、冷蔵庫にあった大量のネギと鯖の水煮缶で何か作ろうかなと思う。それも簡単調理で!

ネギをななめ薄切りに

とりあえずネギを2本、ななめ薄切りにした。これをごま油で炒めてみる。

大量のねぎ

鯖の水煮缶を入れる

ここで、鯖の水煮缶を投入。缶の汁はどうしようかなと迷ったが、生臭みは大量のネギが消してくれるはず!と信じてすべていれた。鯖のうまみと、溶け出ている栄養素もしっかりいただきます。

鯖缶を入れる

味見をすると、、、

これだけでも食べられる味だが、なにかもうひと味入れると美味しくなる予感がする。そこで、生姜とにんにくをみじん切りにし、料理酒:醤油を1:3くらい入れた調味料を、大さじ2追加してみた。一気に中華っぽい味になって、とてもおいしくなった。

調味料を入れる

辛いのが苦手ではない人は、赤とうがらしを少し入れても美味しそう。私はちょっと苦手なので、上からすりごまをふった。

完成!

すごく簡単だが、夫も「これいいね!」我が家の定番になりそうな予感。名前は、「ネギ鯖」にしてみた。ネギを大量に消費した場合、おすすめの一品。

完成したネギ鯖

これからも缶詰をたくさん使っていくぞ!

今日の作り置き野菜料理、人参サラダの作り方も紹介

細い人参

「見える化冷蔵庫」を考案して1週間がたった。一度問題が発覚して修正したが、その後は順調に稼働している。

今日も野菜のケースが少なくなってきたので、野菜のおかずを作り足した。子どもが幼稚園に行っている間に作らないといけないので、(ブログもしかり)短時間で簡単にできるものしか作らない。しかし、今日は午前中に用事があり、子どもがいる午後に作るので、さらに簡単なものしか作れない。それでも、作り置き野菜おかずがあるというのは、大変便利だ。

見える化冷蔵庫」についてはこちらのページをどうぞ

「その後の修正」についてはこちらのページをどうぞ

まずは野菜室から野菜を出す

今使える野菜は何があるのか、そのまま食べられるレタスと大量のたまねぎ、サブで使うような生姜・にんにくを除く、すべての野菜をとりあえず出してみる。

今ある野菜たち

わかめは野菜ではないが、作り置きで使えそうなので一緒に出してみた。主人が人参を2袋も買ってしまったようである。背後から、「きのこは味噌汁にして!」とリクエストが入る。この野菜たちで、2,3品なんとか作りたいなと思いながらメニューを考えてみる。

こうして野菜を全出ししてから料理を作ると、野菜室をすべてチェックするので野菜をダメにしてしまうということを防げる。

メニュー決定、ささっと作れるものばかり

野菜のおかずは、「きのことわかめの味噌汁」「ネギとわかめの辛子酢味噌和え」「人参サラダ」「きゅうりのぬか漬け」今日はこれらを作る。どれも簡単なものばかり。

ちなみに、辛子酢味噌和えを入れたのには理由がある。

辛子酢味噌和え衣

納豆にしている辛子。これがたまってきたのだ。子どもが納豆を食べる時はたいてい辛子を使わないので、どうしても辛子の小袋がたまってきてしまう。そして、そういうものも捨てられない性分。辛子の小袋がたまったら、ポテトサラダに入れるか辛子酢味噌を作るか、簡単に辛子醤油で使うこともあるが、何かしらに利用する。

人参サラダの作り方を紹介

ブログを見てくれているお友達から「人参サラダ」の作り方を教えてとの声をいただいたので、作り方をここで紹介する。

人参をとっても細い千切りにする

以前は包丁で千切りにしていたが、それだといまいち味が染みなくておいしくない。千切りのスライサーがある方は、ぜひそれで作ることをお勧めする。ちなみに我が家には千切りスライサーがないので、こんな風にして作る。

人参をピーラーでむく

ピーラーでひたすら削る!人参は固くて、結構危ない目に合ったこともあるが、今ではすっかり手馴れてしまった。この写真では左手で人参を抑えていない(左手は写真を撮っているため)が、しっかり親指と人差し指で人参をつかみ、右手のピーラーで左指を傷つけないようにしながら削っていく。

半分まで削れたら、ひっくり返して削っていく。したがって、削った後の人参はこんな感じ。

変な形の人参

この変な形の人参は、実は娘に大人気。今日もこの変な人参を見るやいなや飛んできて、ガリガリとそのまま食べられてしまった。

我が家のうさぎさん
我が家のうさぎさん

人参1本分をピーラーでむき、それを適当に重ねて包丁で細く細く切っていく。

かさねた人参
適当に重ねたところ
細い人参
細い人参に切れた

切れた細切り人参は、ポリ袋に入れる。

調味料とすりおろし人参&にんにくを入れていく

あとは、人参の入ったポリ袋に調味料を入れていくだけだ。まず、塩こしょうを一つまみ。それから、砂糖小さじ2、酢大さじ2、オリーブオイル大さじ3くらい。ここまでだと、単なるフレンチドレッシングだ。

昔、大好きだったイタリアンレストランで食べた人参サラダは、病みつきになるほどのおいしさだった。そのサラダには、すりおろした人参や玉ねぎ、にんにくなどが入っているのがなんとなくわかった。そこで、この人参サラダにも、すりおろした人参やにんにくを入れてみた。

すりおろしにんにくと人参

いつもなら、あの変な形に切れたピーラー後の人参を使ってすりおろし人参を作る。しかし、さきほど我が家のうさぎさんが食べてしまったので、新たな人参を5センチほどすりおろした。にんにくは1片。玉ねぎはすりおろすと涙が出るので、やめておいた。

完成!

完成した人参サラダ

よく味が染みてからが食べごろ。これで、人参2本分。オール人参のサラダだ。

本日の野菜作り置き料理

この人参サラダを作りながら、酢味噌和え、味噌汁、ぬか漬けを作って、今日の野菜料理の作り置きはこのような感じに仕上がった。

野菜の作り置き料理

これで、今日明日はなんとなく野菜料理があって安心だ。ちなみに、この人参サラダはレタスの上においてもレタスが大変おいしく食べられる。人参ドレッシングをレタスにかけたようになる。明日の昼はそういうサラダにしてみようかな。

見える化冷蔵庫、一つの落とし穴

ラベルを反対側にもつけた

一昨日、冷蔵庫の中身を整理し、すぐに食べられる作り置きお惣菜を主食・たんぱくのおかず(主菜)・野菜のおかず(副菜)に分けて入れた。その名も「見える化冷蔵庫」おかずの在庫が一目でわかり、食べ忘れもなくなったし、おかずの作り時がわかる。何より食事の用意が楽になった。お弁当も楽に用意ができるようになり、整理整頓の力を再確認した。

冷蔵庫の中身
こちらは一昨日の様子

今までは作り置きおかずが点在していたので、おかずがあるのにさらに新しく作ってしまったり、逆にまったくないのに気が付かずにわびしい朝ご飯になってしまったりしていた。そうしたことを防げそうだ。作ったもの、食材たちを無駄にしたくない。食べ物を無駄にせず、食べきる、それが私の目標とするべきところだ。

二日たち、今日の冷蔵庫の中身はこのような感じ。

二日後の冷蔵庫

この二日間で、やさいの箱が3つ→1つに減った。その間野菜のおかずはこの箱の中身から食べ、不足感を感じる時はレタスのサラダやみそ汁などを足した。そして、たんぱくのおかずは中身が入れ替わって2つをキープしている。

たんぱくのおかず(主菜)

たんぱく質が主のおかず、つまり主菜は、大体作り立てがおいしいものが多い。例えば魚は焼き立てがいいし、から揚げも揚げたてがおいしい。自然と食事の用意をするとき、主菜はつい作ってしまう。ハンバーグや煮物など、冷蔵保存してまた温めてもおいしく食べられるものが、たんぱくのおかずケースに入れられることになる。

だから、作り置きケースに入った料理を食卓に出しつつ、新たに魚を焼いたり刺身を出したり、肉を焼いたりした。ということは、たんぱくのおかずは食事ごとに作ることが多いので、あまり作り置きが不足してきても気にする必要はなかった。生の肉・魚・卵があれば用意がすぐできる。

不足すると困ると感じる時は、弁当を用意するときくらいだった。娘は幼稚園に弁当を持っていくので、朝使えるものが常備されていると楽なのだ。

野菜のおかず(副菜)

野菜のおかず、つまり副菜は、作っておいてもおいしく食べられる。マリネや漬物などは、むしろ作っておいた方がおいしくなる。したがって、野菜のおかずの作り置きは必須だと感じた。主菜も作った上で、副菜も何品かと思うと、食事の用意が大変だ。

事実、野菜のおかずケースは二日であっという間に底をつき、サラダやみそ汁で補うことになる。野菜のおかずケースは、なくなってきたら作り時だなと思った方が良さそうだ。

順調に見えた「見える化冷蔵庫」に落とし穴

今日は野菜のおかずケースもなくなってきたので、色々作り置きしておこうかなと蓋を開けた。

おかずケースの中身

左上の丸い主食ケースには、残りご飯が一つ入っている。これは古いものから食べて、新しく出た残りご飯を入れていくので問題なし。

左下の黒い四角が野菜のおかずケース。3つもあったのに、今や大根しか入っていない。この大根は、野菜室に入れて置けば良さそうな大根だが、わけあってラップをして野菜のおかずケースに入れている。我が家の長男は極度の偏食なので、食べられる野菜が限られているのだが、千切り大根はモリモリ食べてくれるので、必ず大根をキープしているのだ。つまり、ケースには息子用の大根が残ったのみ。これは野菜のおかずを早急に作らないといけない。

右側に寄せたものが、たんぱくのおかず(主菜)ケース。たんぱくのものは、大体温め直しが必要なので、レンジにかけられる耐熱ガラスの器に入っている。現在は、ギョーザと納豆、鶏肉の煮物、ラタトゥイユが入っている。

ん?ラタトゥイユ?

ラタトゥイユはたんぱくのおかずだろうか。ほんの少しだけイカが入っているけれど。もしかして、これは副菜にあたるのでは?ラタトゥイユは冷たくてもおいしい料理なので、野菜のケースに入れればよかったのだが、なんとなくトマト系の臭いや色が付きそうなものは耐熱ガラスの方に入れたくなるのだ。

つまり、落とし穴は「たんぱくのおかず」に「野菜のおかず」が入ってしまうという問題だった。

別に気にしなくていいんじゃない? by夫

確かに、夫の言う通り、そんなこと気にしなくてもよいのかもしれない。でも、冷蔵庫を開けた瞬間に「あ!野菜のおかず作らないと!」もしくは「主菜ないぞ!肉を解凍しよう!」という具合にしたいのだ。どうしたらいいか、、、。しばらく考えて良いアイディアが浮かんだ。

解決!ラベルを2種類貼る

ラベルを反対側にもつけた

ラベルをつけかえたのではない。ケースの表側と裏側に「たんぱくおかず」ラベルと「野菜おかず」ラベルを両方つけたのだ。だから、180℃ひっくり返すとこうなる。

ひっくり返したところ

これでは、中身が「野菜」なんだか「たんぱく」なんだかわからないのでは?と思われるかもしれないが、そうではない。冷蔵庫にケースを入れると、どうせ前面しか見えないのだ。裏側のラベルが間違っていても見えないので全く問題ない。

ちなみに、このケースの中身は上段が「ラタトゥイユ」で、下段が「鶏肉の煮物」になるので、ラベルはどちらが正しいですか?そう、上が野菜のおかずで下がたんぱくおかずのラベルになればよい。最初の方のラベルが正しいので、その向きで冷蔵庫に入れる。

ラベルを正しくしたところ

何も気にしない主人には、超難問な間違い探し並みに違いがわからないと思うが、私はこれでモヤモヤがなくなった。

ある野菜で作り足したおかずたち

野菜のおかずがなくなってきたので、冷蔵庫から野菜をドサッと出して、ある野菜で作れるものを作った。あった野菜はじゃが芋、きゅうり、たまねぎ、ズッキーニ、しそ、しょうが。これで何が作れるか、、。私は、あるものでなんとか料理を作るのが大好きだ。あえて買い足したりすると、途端につまらなくなる。とにかくあるものでひねくり出すのが楽しい。

作り足したものたち
今日の昼に作り足したものたち

ズッキーニとたまねぎ、さばの水煮缶で、チーズ焼きを作った。これはさばの量が多いので「たんぱくのおかず」。野菜のおかずは、きゅうりのぬか漬けとしそ生姜キュウリの塩もみ、じゃが芋はポテトサラダにした。

これらと、在庫にあったおかずたちで、十分私の今日の昼ご飯が完成。そして、夜にも登場させ、明日の主人の弁当にも入る予定。このシステム、引き続き維持できるか!?気が向いたらまたレポートさせてもらいます。

冷蔵庫の中も見える化、食事の用意がおっくうにならないように

冷蔵庫の中身

今日はなんだか疲れたなぁ。どうせお昼は一人だし、どこかカフェにでも行ってしまおうか。そんな考えが浮かぶ。しかし帰り道、ママ友さんと立ち話をしていたら、あるお料理好きの友達の話を聞いた。

彼女は昔から料理が好きで、このコロナ中も料理をテイクアウトをするカフェ店で勤務して、忙しくしていたそうだ。しかも、家で留守番をする自分の娘たちのお弁当を二人分作った上で、勤務していたとのこと。家で料理をし、さらに弁当まで作って、そしてカフェでも料理をする。

私は栄養士で料理は好きな方だが、彼女ほどの料理愛はなく、できれば簡単に栄養とっておきたいなぁくらいの気持ちでいる。そのお友達はいつもすごいなぁと思うし、栄養士である自分がこんなものでよいのかと自身喪失である。

ということで、食事の用意がおっくうだなぁと思う一般の方の気持ちは十分わかるので、今日は私も含めて、どうしたら効率よく簡単に食事の用意ができるか考えたい。

すぐに食べられるものが、今どれくらいあるか

カフェにでも繰り出そうかしら、なんて思っていたくらいだ。今の冷蔵庫の中には何もないだろうと思っていた。しかし、よく見てみると、結構な量の「すぐ食べられるものたち」が出てきた。

すぐ食べられるものたち

ご飯以外のおかずがこんなに出てきた。左から順に、ミニトマト、キウイ、焼き芋、にんじんのサラダ(袋に入っている)、コロッケ、大根ときゅうりのぬか漬け、枝豆、しいたけと豚肉の照り煮、ラタトゥイユ。

こんなにあるのに、私はカフェに繰り出そうとしていたのか。いかん。反省。

そしてこれらを、野菜のおかずとタンパク質のおかずに分けて置いてみた。

分けて置いてみる

野菜もタンパク質も十分ある。これに炭水化物(ご飯やパンや麺)を加えれば、十分栄養がとれる。

しかし、こんなにあるのに、今日の朝はなぜか不足感を感じずにいられなかった。なぜが考えてみると、冷蔵庫の中にこれらが散在していたのだ。冷蔵庫の中には、これらの他に調味料や封を開けた粉物、調理しないと食べられない肉や魚に野菜が入っている。そういう「すぐに食べられないもの」と「すぐに食べられるもの」が分かれていないのが原因で、不足感を感じてしまうのだった。

まずは、「すぐ食べられる野菜のおかず」をまとめて保存する

まずは分かりやすくするために、「すぐに食べられる野菜のおかず」をひとまとめに保存することにした。その時に使う容器がこれ↓

お重の箱

こちらは、内蓋がついているお重の箱。お重はお正月にしか使えないのが残念だったのだが、このお重なら内蓋がついている上に重ねられて、お弁当箱にも使えるという所が気に入って、ベルメゾンで購入した。中はこのようになっている。

お重の中身

写真ではわかりづらいが、一つの段に二つの入れ子の容器が入っている。お正月以外の使わないときは、ここに野菜のおかずを保存すればわかりやすいだろうなぁと思って買ったのだった。しかし、その時の気持ちはどこへやら。最近では、こんな使われ方をしていた。

薬箱になってしまったお重

いつの間にか薬入れになってしまっている。こら~違うでしょ~!気持ちを入れ替え、さっそく野菜のおかずを入れてみる。

野菜のおかずを入れたところ

ちなみに、ミニトマトはヘタのそばが一番菌が多いのをご存じだろうか。腐敗も、ヘタの辺りから始まるのだ。ヘタは取って、そのへこみをよく洗うことが大事だ。キウイもカットして入れておけば、後々簡単だと思うかもしれないが、カットした部分は菌がつきやすいので、キウイはカットせず保存することにした。

主食もたくさんあった!

これで、野菜果物類がわかりやすくなった。肉や魚のタンパク質のおかずは、大体火を通し直すものばかりなので、レンジでチンできるガラス容器のままにした。

あとは主食(ご飯、パン、麺)があれば食事として成り立つ。ご飯の余りをラップで包んだものを冷蔵庫から全部出すと、冷凍してあったものも含め、なんとこんなにあった。

出てきたご飯

こんなにあるのにカフェに行こうとしていた私は、バチあたりと言われても仕方がない。これも、冷蔵庫にあったり冷凍庫にあったり、わかりづらかったことが原因。さらに夫が気をきかせて、朝、ご飯まで炊いてくれたりしていた。これも一目見てわかるように、容器に入れることにした。

容器を用意した

在庫がよくわかる冷蔵庫に

こうして、主食・主菜(肉や魚のおかず)・副菜(野菜のおかず)の在庫がわかりやすくなり、食事の用意がやりやすくなった。

冷蔵庫の中身

ラベルを貼ると、より一層わかりやすい。主食ケースからご飯を一つ、野菜おかずの入ったお重から野菜たちを、たんぱくおかずから2品くらい出すと、粗食だが、あっという間に自分の昼ご飯が用意できた。

自分の昼ご飯

ちなみに、ご飯の量は120gで200kcalほど。納豆一つで80kcalくらい。芋50gで65kcalほど。そしてラタトゥイユと野菜たちで、どう多く見積もっても4~500弱kcalくらいだと思う。大人女性の昼ご飯が7~800kcalくらいだから、だいぶ少なめのお昼ご飯。

しかし、息子と娘が帰ってくると、間違いなく一緒におやつを食べる予定となっており、そこから見積もるとちょうどよいと思う。さらに、10時頃とうもろこしを一本も食べていたことを今思い出した。やはりこれでちょうどよい。

維持できるか!?冷蔵庫の中身

あとは、この冷蔵庫の中身を維持できれば最高だ。今後も、維持できているかどうか皆さんに披露して、お一人様の食事の用意が簡単にできるような情報提供をしたいと思う。