キャベツの葉裏に、謎の白い塊をたくさん発見


キャベツの葉をはぎ取り、洗っていたら。ん?この白い塊は何だ?

キャベツの白い塊

直径2mmくらいの白い塊。ま、まさか、何かの卵?次の葉次の葉どんどん見つかる!

たくさんのキャベツの白い塊
きぶんやママ
きぶんやママ

なんだか気持ち悪い!

これが何なのか、徹底的に調べてみました。

目次

  1. 結論から言うと
  2. 白い塊の特徴
  3. ロウ状物質とは?
  4. ワックスブルームとは?
  5. カルスとは?
  6. 結果

結論から言うと

=MEMO=
白い塊は「虫の卵」ではなく、「カルス」
白い粉のようなものだったら、「ロウ状物質」もしくは「ワックスブルーム」という

カルス?ワックスブルーム?何ですか?という方の為に、事項で詳しく解説します。

白い塊の特徴

この白い塊の特徴はこんな感じです。

1.大きさは2mmから5mmくらいまで様々。

2.色はすべて。黒い点がついているのもある。

3.形は、息子のおもちゃの顕微鏡で見ると、いびつな結晶のようだった。

4.娘がにおいを嗅いだが、葉っぱのにおいしかしないとのこと。

5.くっついている場所は、外葉のなぜか裏側ばかり中心の葉にはついていない

ロウ状物質とは?

キャベツ自身が、乾燥や病気から身を守る為に分泌する白い粉のことです。

キャベツの一番外側の表側が、うっすら白い粉っぽくなっていることがあります。まるで、買ったばかりの消しゴムのような、細かい粒子の粉です。あれを、ロウ状物質と呼ぶのです。

でも、今回の白い塊は葉の裏側にあるし、粒子というよりは塊なので、これとは形状が違います。

ワックスブルームとは?

先程のロウ状物質の別名をワックスブルームと呼びます。

それが夜露で流れ、茎の方にたまり、たまに結晶のような白い塊になることがあるようです。

「結晶のような」という表記にひっかかりました。今回の白い塊を顕微鏡で見ると、確かに結晶のようなのです。外葉の方にしかない理由にも合います。しかし、茎の方にはまったくありません。今回は違うような気がします。

キャベツの白い塊2

カルスとは?

カルスとは、キャベツが傷ついた時に自分で修復した後のことを言います。つまり、かさぶたみたいなもの

虫に食べられた後などにできるのです。キャベツもかさぶたを作るなんて、人と同じように生きているんだなぁと感心します。

今回のキャベツも、白い塊があるのは外葉の方ばかりで、中の方はありませんでした。傷がつきやすい外葉の方が多くなるのですね。

今回の特徴とぴったり合うので、白い塊はカルスだったということで間違いないです。

このカルス、キャベツ自身の分泌物なので、食べても毒ではありません

結果

=MEMO=
今回の白い塊は「カルス」。キャベツのかさぶた
キャベツは他にも、自分の身を乾燥から守るため、「ロウ状物質」もだす。
どちらもキャベツから出ている分泌物なので、問題なく食べられる

分泌物だから食べられるのですが、やっぱり生でバリバリと食べる娘は気になると思うので、一応取りました。

きぶんやママ
きぶんやママ

キャベツも工夫をして生きているんだなぁと感心!

甘くて美味しいキャベツでした。

こちらもおすすめです→【偏食】キャベツダイエットの為に買ったのに、偏食息子がモリモリキャベツを食べた理由