LIXILくるりん排水口掃除のやり方。フィンがまわらない原因と対処法


我が家のキッチンシンクの排水口は、LIXILのゴミ排水トラップくるりん排水口。排水口についたフィンが回って、水の対流を起こし、排水口が汚れるのを防ぐもの。

つまり汚れにくいのです。かといって、本当に掃除しなくても良いわけではなく。

掃除しないとこうなります

汚れた排水口
フィン、本当に回ってた!?
きぶんやママ
きぶんやママ

これはまずい!

くるりん排水口の掃除の方法と、まわらない原因を解説します。

まずは部品を取り出す

説明書には、「お湯または台所用中性洗剤で洗います」とあります。特別な用具は必要ありません。とりあえず、ゴミかご、フィン、排水筒、シャフトを取り出します。

中の装備品をはずす

部品を布雑巾で拭いていく

そして、布雑巾に少し洗剤をつけて拭きます。軽いぬめりなら、洗剤をつけなくてもさっと落ちます。

布でふく
フィンをふく

指が入らないところは、使い古しの歯ブラシでこする。

歯ブラシも使う
奥の方も歯ブラシで

まわらないフィンの原因はこれ!

シャフトの裏を見ると、不思議な模様で何か黒い砂のようなものがついています。

砂鉄がつく
シャフトの裏側

実はここに磁石が入っていますこの磁石のおかげで、シャフトが回り、フィンも回るのです。

そしてこの黒い砂は、土などに混ざっていた砂鉄です。これを拭き取らないと、磁石の力が弱くなってフィンがまわらなくなるのです。

=MEMO=
シャフトの裏側の磁石部分についた砂鉄が、フィンがまわらなくなる原因

これも布雑巾で簡単に拭き取れます。フィンがまわらなくなると、排水口の汚れがいつも以上にひどくなるので、ここは大事です!

黒い汚れにはカビ取りスプレーも

残念ながら、最近黒い汚れつまりカビがついてしまいました。そこで、カビ取りスプレーもかけてみました。(ズボラぶりがあらわに、、、)

スプレーを仕上げにかける

所要時間は15分

ここまでで所要時間15分でした。こんなことが、二人の子どもが乳児・幼児だった頃はなかなか頻繁にできませんでした。でもそれは仕方ないし、子どもとの時間をその分多く持てたのだと前向きに考えよう。

きれいになったところ

あぁすっきり!まだ黒いところがあるけど、、。まぁこれくらいで。

まとめ

気が向かないとお掃除できない気分屋ママ。性分だから仕方ない!?でも綺麗になると気持ちもスッキリします。

=MEMO=
LIXILくるりん排水口の掃除は、基本的に水または少量の台所洗剤でふき取っていくだけ。
まわらないフィンの原因は、シャフトの裏側の砂鉄
掃除の所要時間は15分

最近母から、バイオの酵素の力で汚れを落とす、流すだけの洗浄水があうと聞きました。くるりん排水口は、特殊コーティングがされているので、普通の洗浄液は使用できません。でも、微生物の力ならコーティングを痛めないかも。試してみる価値はありそうです。