思い出の洋服やスタイをリメイクして作ったもの5選

リメイク
きぶんやママ
きぶんやママ

思い出の品が捨てられない、そういうことありませんか?

私はなるべくリメイクして、物を使いきることにしています。

↓これも捨てられないものの一つ

娘のワンピース

娘が2、3歳頃に初めて作ったワンピース。

洋裁が得意なわけでもなんでもなかったのですが、当時ワンピースを買いに行ったら、ポリエステルなどの化学繊維のワンピースばかり売っていました。汗を吸いとらない素材で可哀想だと思い、麻の生地を買ってなんとかして作った思い出のワンピースです。

きぶんやママ
きぶんやママ

こういう思い出の品、箱に入れて取っておくより、リメイクして子どもが便利に使い尽くした方が良いのでは?と思って、解体しました!

目次

  1. ワンピースをリメイクして作ったもの5選
  2. 娘の体操着入れ
  3. 上靴入れ
  4. ぬいぐるみのお洋服
  5. クッションのカバー
  6. パソコンバッグの内側
  7. まとめ

ワンピースをリメイクして作ったもの5選

1、娘の体操着入れ

まず作ったのは、娘の体操着入れです。

体操着入れにリメイク
名前の所を消して表示しています

飾りのようについているものは、なんと娘が使っていたスタイ!比較的きれいで、可愛かったものだけ捨てられないでいたので、袋に縫いつけてみました。

周囲をすべて縫いつけずに、下部だけぬいつけてあるので、ポケットのようになっています。たまに、ここに体操帽子が入っていたりします。

2、上靴入れ

生地がもう少し余ったので、さらにもう一つ袋を作りました。

内履き入れにリメイク
これも名前の所を消して表示しています

こちらは上履き入れ。

こちらも、全面に飾りのようについているのは、娘が着ていた別の洋服の飾りをつけました。リボンは、これまた別の洋服から取ったもの。

こちらの飾りは生地が薄かったので、ポケットにはせず、周囲をすべて縫いつけました。まさしく飾りです。

3、ぬいぐるみのお洋服

ピンクのワンピースはこれでだいたいなくなったのですが、先ほど飾りにつけた別のワンピースも何かにしたくなりました。そこで、娘お気に入りのぬいぐるみのお洋服を作りました。

ぬいぐるみのお洋服

私は洋裁が得意なわけではありませんが、洋服についているフリルとかを適当に切ってチクチク波縫いしたらなんとかできました。

この右側の女の子お人形は、なんと私が小さい頃母が作ってくれた人形です。まさか、孫まで使うだなんて、当時の母は思いもよらなかったでしょうね。

母の作った人形の髪飾りに、ワンピースの一部を使いました。また、別の洋服のフリルを組み合わせて、ドレスっぽくしました。私の腕だと、これが限界です(^^;

4、クッションのカバー

残った色々な洋服の端切れをパッチワークにして、クッションのカバーを作りました。

クッションのカバー

主にTシャツや、誕生記念に頂いたスタイが使われています。洋服の特に気に入っている柄や文字の部分を切り取って、手縫いでチクチク縫いました。

よく見ると、80サイズと書かれたタグも見えます。これもかわいくて、つい縫い付けてしまいました。裏面もパッチワークになっていて、そちらにはスタイについていた娘の名前刺繍部分を縫い付けました。

これで、思い出の洋服はだいたい使い切れたような気がします。

5、パソコンバッグの内側

調子に乗って、息子の服にまで手を伸ばしました。こちらは、息子のランドセルを買ったときについてきたノベルティ(おまけのプレゼント)の布バッグです。

布バッグ

こういうリネンのような風合いの生地は、私が大好きな生地。ボタンも本革で、とても素敵なノベルティでした。

これに私のノートパソコンがぴったり入るのです。でも、パソコンは壊れ物!記事が薄いのが気になっていました。そこで、中にふわふわなキルティング地を入れようと思いつき、作成したのがこれです。

パソコンバッグの中身

こちらは、息子が幼稚園の時に使っていた袋物の生地をパッチワークしました。それを、先ほどの布バッグの中に縫い付けました。

中がふわふわになって、パソコンを入れても安心感があります。中を見るたびに、息子が幼稚園に行っていた頃を思い出し、懐かしくなります。

まとめ

娘のワンピースや、Tシャツ、スタイ、息子の幼稚園時の袋などで、以下のものが作れました。

=MEMO=
1、スタイをポケットにした体操着入れ
2、飾りつき上靴入れ
3、ぬいぐるみの洋服と髪飾り
4、クッションカバー
5、パソコンバッグの内側

洋服のままとっておくと、当時のサイズ感とかが思い出されて良いとも思うのですが、私はどうしてもしまいこむより使いたい!という性格

すっかり忘れ去られるより、三人で思い出を共有しながら便利に使えるということで、とても気に入っています。

きぶんやママ
きぶんやママ

捨てられないし、でもしまっておくのは嫌だという方にぜひ参考にしてほしいなと思います!

女の子 綿100% 長袖 インナー グンゼ 2枚組 100cm~160cm (子供 肌着 子供肌着 あったか厚地 女児 女子 長袖下着 9分袖 あったか あたたかい シャツ 下着 コットン こども キッズ)

価格:998円
(2020/11/2 11:10時点)
感想(7件)

縮んだ?娘の布マスクをガーゼハンカチで作り直す

最近では、結構普通に紙マスクが売られている。しかしこうなるまで長かった。

なのに、布マスクで慣れてしまって、今さら紙マスクを買う気がしない。というより、布マスクは肌触りも良く、自分でカスタマイズ出来て楽しくなってしまった。

というわけで、我が家ではこのまま布マスクにしようと思う。娘と息子も布が良いと言ってくれた。

娘のマスク、縮んだ?

以前、母が手作り布マスクを送ってくれて、ずっとそれのお世話になってきた。

しかし最近、娘のマスクは、顔が大きく成長したのか、はたまた洗って縮んでしまったのか、小さく見えるようになってきた。

そこで、息子の布マスクから型紙を取り、少し小さめにして作ってみた。製作後、さらに改良して、ようやく良い感じの大きさと形状のマスクに仕上がった。

改良前のマスクと改良後のマスク
上が改良3作目、下が改良前の1作目

息子のマスクより鼻~口のカーブをキツくして、より立体的にした。また、表布と裏布を、カーブの部分で縫い合わせ、息をした時布がカパカパ動きにくいようにした。そこが改良ポイント。

では、型紙と作り方を紹介する。

改良後のマスク作り方

生地を切る

まず生地だが、ガーゼの生地が家に転がってないか探した。やはり、普通地より通気性が良くて苦しくないんじゃないかなと思ったので。

ようやく見つかったガーゼのハンカチ。この古風な柄のハンカチ、見た事ないぞ。もしかして、ばぁばのだったかもしれない。切ってしまってごめん!

ガーゼハンカチでマスク作り

ハンカチを半分に折って、型紙を乗せて切ると、右ほっぺと左ほっぺ部分の生地がとれる。型紙は下の通り↓

型紙
娘は標準より大きめなので、小1~2でもいけるかも

表布と裏布をそれぞれカーブ面だけ縫う

ガーゼのハンカチは、柄のある表面と真っ白な裏面と二枚合わせになっている。

4枚とれた

表布通し、裏布通しを中表(表面を中にして重ねる)にし、カーブ面だけを縫う。

カーブ面を縫う
赤い線の所を縫い代1cmで縫う。

縫ったら、右写真のように縫い代を左右に割る。

割ったところを抑える

以前、この縫い代を割ったあと何もせず、マスクを作った事がある。すると、使っているうちに、縫い目が割けてしまった。

この部分は負荷がかかるので、割った後抑えるために下のように縫う。

抑えるために両脇を縫う

カーブ面をキツくしたので、丸みがあって非常に縫いにくいのだが、表布裏布共に縫い目を割った縫い代を抑えるように両脇を縫う。

表布と裏布を合わせる

表布と裏布を中表に重ねて、上と下を縫う。

表布と裏布を合わせる

縫ったら、右か左の空いているところから布をひっくり返す。

上下を抑える

ひっくり返したら、上下2,3mmのきわを縫って、抑える。

際を縫って抑える

カーブ面の表布と裏布を縫い合わせる

ここは私個人の考えでやっている事なので、飛ばしてしまっても構わない。

息をすると、裏布が口のまわりにまとわりつくのが気になり、表布とくっつければ防げるかな?という事で試しに縫うようにしている。

二度縫い

表面から、カーブ面の抑えで縫ったところを二度縫いするように、表布と裏布を一緒に縫う。

ひもが通る部分を縫う

両脇を1cmほど折り、再度2cmほど折って縫う。ひもの太さによって調節する。

飾りをつけたら完成!

飾りをつけた
これは2作目。両脇にリボンテープをつけた。

2作目は少し大きくなったのと、カーブ面がゆるやかだったので、3作目はそこを改良した。先程の型紙は3作目のもの。

この飾りつけがあるおかげで、娘はルンルン気分でつけてくれる。娘にとって、ちょっとした飾りつけは必須である。

これからもますます大活躍しそうな、我が家のマスクの話でした。

思い出のマザーズバッグをエコバッグにリメイク

エコバッグを作る

出産祝いにいただいた、MARC JACOBSのマザーズバッグ。地味な色合いばかり選んでしまう私にとって、目が覚めるような赤は新鮮だった。

でもそんな赤が、意外にも重宝。ものすごく気に入って、娘と息子が小さい頃は毎日大活躍。

哺乳瓶、おむつ、離乳食、おもちや、しっかり色々入った。小さなポケットも、表裏にたくさんついていた。

しかし、金具やロゴプレートが立派すぎて、中に物を入れると相当重かった。子どもも重い、荷物も重い、ついでにベビーカーともなると、毎日重労働。

そこで、手芸の得意な筆者の母に頼みこんで、バッグの一部をほどいて、重いパーツをすべて取ってもらった。

さらに、チャックも取り、重い取っ手も綿の取っ手に変えてもらった。母から「ものすごく大変だった」と言われた。

しかしそのバッグはますます気に入り、公園へ行く時のおにぎりや、水筒、着替えなど、入れるものが変わってきても大活躍。

こんなに長期にわたって気に入ったバッグはなかなかない。

最近になると、子ども達関連の荷物か減ってきた。すると、もう少し小さいバッグが欲しくなった。そこで、今度は自分でリメイクしてみた。

マザーバッグを解体

リメイクはまず解体する所から始まる。いっそのこと、新しい生地やボタン、取っ手を買って一から新しくバッグを作った方が絶対楽だ。

しかし、それはしない。なぜなら、作ることが好きで作るというわけではないから。思い入れのあるものを復活させるというのが目的なのだ。その手段が、DIYであったり、手芸であるだけなのだ。

すべて解体するとこうなった。

解体後のマザーバッグ

ポケットなどの付属品が多い分、相当な量の布が使われていた。

今回は、この英語の生地と手持ちの紺色麻の生地でエコバッグを作ることにした。

エコバッグ用に裁断

内ポケット(赤色の部分)はもったいないのでそのまま使うことにした。

縫うこと1時間くらいで完成。娘がDVDを見ている間だけと時間を決めて、大急ぎで作成した。あまり放っておくのも可哀想だと思ったので。

このエコバッグ、リバーシブルになっている。お洋服が地味な時はこちら。

エコバッグ出来上がり

そして、お洋服に柄がある時はこちらにして使う。

エコバッグリバーシブル

A4のノートが入る大きさ。ちょこっとおでかけする時は必ず持ち歩く。

今度は赤の生地を使って何か作ろうかと模索中。

本当の意味で物を大事にするとは?断捨離と両立できるか

リメイクして作った袋

ここのところの外出自粛で、家にいる時間が長くなる中、断捨離して家のものを整理している方が多いそうである。我が家も例外ではない。

ところで、「断捨離すること」と「物を大事にすること」とは、相反することなのか、それを今日は考えてみる。

今と昔で違う?断捨離の必要性

ゴミの日に、いつもより多くなっている我が家のゴミを見た、年配のご近所の方がこう言う。「あら、随分片付けたのね、私は古い人間だから捨てられないのよ。」

確かに戦前は物が少なく、物を大事にすることが美徳とされていた時代。そこからすると、「若い人は物を大事にしない、すぐ捨てる」という風に見られているに違いない。

でも今の時代、無料で手に入ってしまうもののなんと多いことか。何かを買った時にもらったエコバッグ、お祭りでもらったプラスチックのおもちゃ、レストランのキッズメニューのおまけ、、、。

予期せずしてもらう物たち。そうした物達は、吟味して気に入って得た物ではないので、だいたい我が家に合わなかったり、使わなかったり、多すぎたりする。

昔と違って、家に物があふれやすい。たから、今の世の中は断捨離が必要なのだと思う。

物を大事にしながら断捨離するには?

だからといって、何でも不用品は捨てるのかというと、そこは考える必要がある

そこで、「物を世に循環させる」という考え方が必要になる。自分が不要だと思っても、他人には必要な場合もある。必要な人の手元に渡るよう、使えるものは差し上げたり、寄付したり、売る。

でも一番は、自分が使いきることが出来たら。それが物とのつきあい方で最善だと思っている。

使いきった物たちは、物への執着を解き放ち、いさぎよく捨てる。不要だが、まだ使えそうなものは、世に循環させる。ミニマリストさん達は、気持ちよいくらいにそれが出来る。

思い入れのある物はどうしたらよい?

私もミニマリストさんの心持ちを見習って、近づこうと努力しているのだが、今一つミニマリストさんのようにいかない。それが、思い入れのある物との決別。これが出来ない。

例えば、子どもが小さかった時に着ていた服。子どもが乳児だった時に使っていたマザーズバッグ。お祝いで頂いたバスタオル。多くは、譲ったりして手放せたが、一部手元に残ったものがある。

娘に作ったワンピース
初めて娘に作ったワンピース

私は、これらをただ漫然と押し入れにしまうのも抵抗があった。それでは、大事にしているというよりは、捨てられないからとりあえずしまっただけ、という感覚。だんだん、あることさえ忘れてしまう。

それは、本当に物を大切にすることになるのだろうか。使いきることには決してならない。

ヒントは祖母の「リメイク」にあった

私の亡くなった祖母は、着られなくなった大人の服から子ども服を作ったという。今で言う「リメイク」だ。私のやりたいことはこれだった。

つまり、思い入れのあるどうしても捨てられない物達は、しまいこむのではなく、違う形に姿を変えて使いきるようにする。これが私が、物を大事にしていた祖母から学んだ答え、「リメイク」だ

ワンピースを袋にリメイク
先程のワンピースをほどいて作った袋達。

リメイクすることで得たこと

そこで、私は今まで色々なリメイクをしてきた。そうしたもの達は、新たな命を吹き込まれ、また私達家族の役に立ってくれた。

もちろん失敗作もある。でも、それはそれでよいのだ。

捨てられない気持ちから葛藤し、時間と労力をかけて形を変えてはみたが失敗。でもその過程の中で、しっかりとその物と向き合った。私の中で、その物への執着を捨てるには必要な作業だったのだ。

不思議と、その失敗作はすんなりお別れすることが出来る。失敗したけど、こんなに苦労して作ったから取っておこうとは思わない。

多分、ちゃんと向き合えたのだ。府に落ちた。

禅語「下載清風」(あさいせいふう)

また突然禅語を書いてしまった。断捨離の話を書いていたら、この言葉がふと頭に浮かぶ。

この言葉は、船が積荷をおろすと風に乗って軽やかに航海するという意味だそう。

しかし、建功寺住職の枡野俊明さんはこのように述べている。

日常生活では、実際に持っているものを減らすことで心も体も楽になります。ひとつ捨てることは執着からひとつ離れること。、、、中略、、、荷物をおろしてしまえば、足取りはぐんと軽くなります。

幸せを感じる心の育て方 枡野俊明・著

積荷をおろした船のように、私も心の重荷をおろし、物の執着を少なくして、新たな風を受けて足取りを軽くしたい。

そのために、すごく遠回りの道のりだが、リメイクして物を使いきりながら暮らしたい。ミニマリストさんのようにいかない、不器用な私が出した私なりの答えだった。