【卒乳】「早く卒乳しないと自立が遅くなる」は間違い


ママさん
ママさん

いつまでもおっぱいを飲んでいると、子どもが甘えん坊になって、自立心が育たないんじゃないか、心配です。

そう思われている方はたくさんいますね。

でも、そんなことはないです。

元保健所管理栄養士が解説します。

きぶんやママ
きぶんやママ

自立には「甘え」が必要

そもそも、子どもが自立するということはどういうことでしょうか。辞書で調べると、「他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。」とあります。

その自立は、どうしたら子どもに芽生えるのでしょうか。その答えはこうです。

赤ちゃん時代、しっかり甘えた子どもは自立心が強い

癒しを得ながら、徐々に自立へと向かう

初めてのお友達との関わり、新しい食べ物との出会い、すべてが新しい世界。特に1歳以降の自立へ歩み始める時期の子どもは、様々な不安にさらされています。

そんな時、お母さんの胸に戻って、おっぱいで安心感を得て、心のもやもややイライラを包み込んでもらい、また新たな世界へ飛び出していきます。

そしてまた、不安になったら戻って、、という繰り返しを経験しながら、子どもは育っていくのです。自立した生活になる過程には、そうした不安⇔安心の繰り返しをたくさん経験します。

自立するには、たくさん「甘え」て困難を乗り越える体験をすることが大事

「甘え」と「甘やかし」は違う

そんなに子どもを甘やかして良いの?と思われる方もいるかもしれません。しかし、「甘え」と「甘やかし」には雲泥の差があります。

赤ちゃんが不安な時に、安心するために必要なのが「甘え」
「甘やかし」は自分でできることを他人がやってあげてしまうこと

不安感でいっぱいな赤ちゃんに、母乳で安心感を与えるのは、「甘やかし」ではありません。たくさん「甘え」させて、赤ちゃんの自立を助けてあげてほしいです。

「甘え」が足りないと逆に自立が遅い

甘えが足りないことの弊害「抱き足らない症候群」をご存じでしょうか?

寝かされ放しのため、背中が扁平気味で、首のすわりが遅い。 あやされ不足、語りかけ不足のため、顔の表情が乏しく、情緒表現が遅れる。 こうした弊害を、「抱き足らない症候群」という。

赤ちゃんの甘えにこたえていくことが、赤ちゃんの発達に欠かせないものだということがわかります。

子どもの心身が自立の時期にきていないのに、おっぱいを離されて早く自立させられてしまうと、不安感が強く、逆にいつまでもお母さんから離れられない状態になります。

前々回のブログでも書きましたが、卒乳しなきゃと焦らなくて大丈夫です。2歳以上の卒乳は、世界のスタンダードです。我が家の長女は、2歳11か月まで飲んでいました。6歳になる今でも、「ママのおっぱいは砂糖の味だった」と幸せそうに振り返ります。

ママのおっぱいで、あんしんしたきもちになるんだ!

子どもたち
子どもたち
きぶんやママ
きぶんやママ

卒乳は焦らなくて大丈夫です!

お子さんの甘えを受け止めてあげてくださいね。