親が子どもの頃遊んでいた「リカちゃん」人形で娘が遊ぶ

先日、筆者の妹より小包が届いた。少し前に、我が家の8歳長男のお洋服のお下がりを妹の3歳長男に送ったのだが、そのお礼だという。

妹は大変贈り物上手だ。私とは違い、細やかな気配りをする。今回も大変嬉しいプレゼントだった。

中には色々なものが入っていたのだが、その内の一つにこんなものが紛れ込んでいた。

小包みの中身

一番左の子と、一番右の洋服はすごく見覚えがある。まぎれもなく、私と妹が幼少の頃遊んでいたリカちゃん人形だ。

「リカちゃん人形」と言ったが、正確にはリカちゃんではない。リカちゃんの友人である。

その隣のドレスを着た人形は、どうも馴染みのない顔。多分、体がプラスチックなところを見ると、100円ショップの人形を買い足したのだろう。

5歳の娘、大変喜ぶ

我が家には、リカちゃんは一つもいない。教育テレビばかり見ている娘は、リカちゃんのCMを見たこともなければ、友達からの情報もなかった。

妹の家にいった時に初めてリカちゃんを手にし、遊ばせてもらう程度なのだ。

しかし、5、6歳の特に女の子は、自分がどう見られているか、友達との関わり方を模索する時期。人形片手にブツブツ言いながら、友達との関わり方を再現したりして遊ぶのは大事なこと。

そして、何より本人はそうした遊びがしたかったのだ。娘がプレゼントを大変喜んだのは言うまでもない。

ちょっとだけ補修する

しかしこのリカちゃんの友人。よくよく見ると、、、。

サイケデリック

なんともサイケデリックの出で立ち。妹の次女によるメイクとヘアカラーが大変過激である。

髪の毛もやまんばのようで、なんとも凄まじい。誓って言うが、昔はこうじゃなかった。

隣のリカちゃんもどき(失礼!?)も、頭皮がだいぶ見えていて、侘しげな風貌である。

そこで、ちょっと髪の毛をしばってあげた。

髪の毛をしばってあげた

なかなか清楚になったのでは?娘のリクエストで、三つ編みと斜め結びにしてみた。

後ろから見たところ
後ろから見たところ

余計に頭皮が気になるような気もするが、やまんばよりはだいぶマシだ。

お洋服も少し補修する

妹は妊娠中に、リカちゃんのお洋服をよく作っていた。私の母は私たちの洋服をよく作ってくれる洋裁のプロだが、妹はプロではない。

また、ミシンで作るものは大体母に丸投げをするが、リカちゃんのお洋服だけは熱心に作っていた。

しかも、生地は母の洋裁で出た端切れを使い、手縫いとボンドで作る。しかも、その出来栄えがなかなか見事。おしゃれなお洋服を作るのだ。

今回送ってくれた、ネイビーと白のボーダーのドレスと、パンツも妹作。感心しながらリカちゃんもどきに着せてみる。

妹作のサマードレス

すると娘が「ママ、どうしても胸が見えちゃう」

これはいけない。確かに、見えるか見えないか、なんとも微妙なところで止まっている。リカちゃんもどきがセクシーであってはならない。

そこで、妹作ドレスの肩部分を少し詰めて縫ってみた。

補修後のドレス

これで一安心。どこにもお嫁に出せる。

娘の遊び方

このリカちゃんが届いた日、娘はなんと4時間もこれで遊び、夜は一緒に寝ていた。

どのように遊んだかというと、最初は私も相手になって遊んだ。しかし途中から夕ごはんを作りに行くと、娘は一人でブツブツ言いながら人形でごっこ遊びを始めた。

よくよく見ると、「赤いくつ」の絵本を見ながら、ああでもないこうでもないと人形を動かしている。

赤いくつの再現

どうやら、この犬とひっくり返った人形は、赤いくつの絵本の一場面を再現しているらしい。

赤いくつの一場面

人形は、この足の形が出来ないので、仕方なくひっくり返っているのだと言う。固いガラスの破片は、小さな洗濯ばさみで表現。犬が心配そうに見ているところ。

妹が送ってくれた靴がピンク色だったから、赤いくつの絵本を思い出したのだろう。娘の発想力にはいつも驚かされる。

送ってくれた妹に感謝!今後も大切に使わせていただきます。

雨で外に行けないから、IKEAのアイロンビーズで遊んでみた

アイロンビーズ

新型コロナで外出を控える中、雨が降ると散歩もできない。子ども達は余計に「ひま~!!」と騒ぎ出す。

そこで、今日は買っておいたIKEAのアイロンビーズで遊ぶことに。

IKEAのアイロンビーズはパステルカラーで、優しい色合いに一目惚れしたのだ。

念のため、アイロンビーズを使ったことのない方のために、作り方を解説。

どうやって作るの?アイロンビーズ

その1 付属のプレートにビーズを並べていく

「付属の」と書いたが、IKEAでは別売りだった。

ビーズを並べる5歳
ビーズを並べる5歳児

5歳の娘が一生懸命並べている。並べ方を示すレシピのようなものはない。自由気ままに並べる。

といっても、図面が何もないと、「なに作ったらいいかわからない」と言われてしまう。

そこで、子ども二人がハマっている、スーパーマリオの攻略本を渡し、そのキャラクターを作ってみようと誘ってみる。

※ちなみに、我が家にはゲーム機がない。攻略本に載っているキャラクターを見ながら絵を書いたり、マリオのコースを積み木で再現するのに、攻略本を使っているらしい。

その2 並び終えたビーズの上に、クッキングシートを乗せる

付属の紙をなくしてしまったので、手持ちのクッキングシートを切って乗せた。用は、熱に強い紙で、アイロンで溶かしたビーズがくっつかない紙なら良いんです。

クッキングシートの乗せる

その3 アイロンをあてる

アイロンを当てる
温度は綿のところくらいで

温度を低温(合成繊維)にしたら、あまりビーズがくっつかなかった。中温~やや高温をおすすめする。

アイロンはゆっくり動かす

ビーズが溶けて、穴がつぶれながら高さが下がっていき、隣同士のビーズがくっついていくのがわかる。この時、微妙に高さの違うビーズがあると、なかなか厄介。

ビーズの高さの違い

結構高さがバラバラ。微妙ですか?いやいや、アイロンする時にわかりますよ。この品質は、価格に比例するのかな?

その4 そ~っと板からはずす

そっと板からはずす

そ~っとはずしてくださいね。たまにうまくくっついていない時があるので。

その5 裏面からもアイロンをあてる

くっついているけれど、なんとなく反っている。

そこで、裏面からもアイロンをあてる。

裏もアイロン

結構しっかり目にアイロンをあて、穴をつぶす。裏面もしっかり隣同士のビーズをくっつける。

出来上がり!

出来上がり

出来上がり!一部チェーンを通す穴を作っておいて、キーホルダーにすることもてきる。(今回はしなかった)

よくある失敗「とれちゃった!」

とれちゃった

とれちゃったことがよくある。でもこれ、直せます。

またクッキングシートを乗せて、アイロンをあて、取れたところを再加熱で修理可能。

なるべく取れないようにする為にも、最初にしっかりアイロンをあてておくのが大事。

大人もはまる、アイロンビーズ

子どもというのは、慣れない遊びをする時は、まず大人がするのを真似するところから始まるようだ。

娘はアイロンビーズに慣れていなかったので、まずは私が見本がてら作ってみた。

おとなもはまる

どれを作ったかって?もちろんクリボーですよ。どこからどう見てもクリボー。

マリオのキャラを作る

こんなキャラクターあるんだ~と思いつつ制作。だんだん自分がハマってきた。

そう、このライトクラゲを作ったところで、ようやく娘の手が動いた。ライトクラゲの女の子を作ると。

娘の作品と私の作品

大きくなっちゃったとしょげている娘。

いやいや、自然界においては、だいたいメスの方が大きいんだよ。カマキリもそうでしょ。

と、意味のわからない励ましをする。

新しいことには、なかなか手を出さずに様子を伺う娘。こういう子には、まず大人が楽しむ!これが一番。

子どものおもちゃにおすすめNo1は「積み木」。積み木の利点

子供達のマリオ絵

小学校も幼稚園も休校、外出も自粛、我が家の子ども達はどうやって過ごすのか。

子ども達は暇でしょうが、ママはいつも通り仕事がある。3食の食事の用意、おやつの用意、洗濯に掃除、ママの仕事は結構ある。

しかも、家にいればいるほど、いろんな所が気になる。あそこを整理したい、あれをDIYしたい、、。もちろんこのブログも気になる。子どもの遊び相手につきっきりになると、そうしたことがおろそかになる。

どうなることやら、、。そう思っていたら、救世主がいました。

それは、和久洋三の積み木シリーズ「WAKU-BLOCK」45シリーズH0。2箱あったけれど、最近はあまり遊ばれていなかった。しかし、この長い長い休みでおもちゃを整理。すると、これが目にとまったのか、また遊びだしてくれたのだ。

積み木は他のおもちゃと違って、時と場合により姿をかえて遊べる。

どういうことかというと、例えば車のおもちゃは車としてしか遊べない。しかし積み木は、それが車にもなれば人になったり、想像次第では何にだってなれる。この間は、四角い積み木でマインクラフトごっこをしていた。つまり何かにみたてて遊ぶ「みたて遊び」ができるのが、積み木の最大のよさだと思う。子どもの想像力は(創造力も)すごいですよ。

というわけで、このWAKU-BLOCKは高い買い物だったが、今考えれば買って良かったなぁとしみじみ思うのだった。

しかし、今日はこんな細工がしてあり↓

積み木に絵を貼る
スーパーマリオのキャラクターをネットで調べて紙に書き、それをテープで貼ってある。

ちょっとやりすぎじゃない?

我が家にはゲーム機がないので、この積み木でマリオの世界を再現して遊んでいる。私のモットー「ないなら作る」が活きてるね。

息子曰く、積み木が全然足りないとのこと。確かにお店のおねえさんも「一人につき100ブロックないと、頭の中のものが表現できない」とおっしゃってましたね。うちは二人いるので、200ブロック必要らしい。

一つのケースに立方体が32個、直方体が32個入っていて、それが2ケースなので、計128個。まぁ確かに足りないはなぁ。

しかし息子よ、これ高いのよ。当時は一箱23,000円でした。今は値上がっていて、25,300円。子どものおもちゃの値段にしてはちょっと、、、躊躇してしまう。

さすがの息子も値段にびっくり。youtuberになってたくさん稼いで、積み木をいっぱい買うんだそうです。

頑張れ!でも置き場所も考えてね★