【偏食】偏食には3タイプある、自閉症の子が通う療育センターより学ぶ

子どもたちと学校

自閉症の子に偏食が多い事はよく知られていますが、自閉症でなくてもひどい偏食の子はたくさんいます。その子達にも自閉症の子が通う療育センターでの食の取り組みが、もしかして参考になるのでは?と筆者は考えました。

きぶんやママ
きぶんやママ

私の長男も野菜がなかなか食べられません。

療育センターではどうやって給食を出しているのか。

気になって調べてみました。

目次

  1. 1、3タイプにわけて対応
  2. 2、タイプ1 感覚で選ぶ
  3. 3、タイプ2 形で判断
  4. 4、タイプ3 慣れたものを食べる
  5. 5、まとめ

3タイプにわけて対応

調べた療育センターでは、偏食の子どもたちをタイプ別に3つのグループに分けていました。

タイプ1、感覚で選ぶ
タイプ2、形で判断する
タイプ3、慣れたものを食べる

一つずつ特徴を見てみましょう。

タイプ1 感覚で選ぶ

このタイプは、口内の感覚過敏が強い傾向があります。大昔には、毒の入った食べ物や腐った物を食べないようにすることに、大いに役立った能力だと思います。

しかし、危険な食べ物があまりない現代においては、栄養が足りていないか心配するママさんたちを苦しめてしまう特徴となってしまって残念です。

食以外の特徴では、「視線が合わない事が多い」という特徴があるそう。確かに息子は、家族以外視線が合わない事が多いです。

【療育センターの対処法】

この特徴の子どもたちは、触って食べるものを決めることが多いようです。また、しっかりと火が通っていると安心するのか、揚げ物を好みます。本人たちは無意識だと思いますが。

つまりカリカリしたものを好むという事なので、調べた療育センターでは食べられない食材を揚げています。なんと、サラダのわかめやきゅうりも揚げていて私はとても驚きました。

揚げ野菜に慣れてきたら、炒めたり茹でたり、通常の調理法に変化させていくそうです。

【我が家でもやってみて思ったこと】

揚げたれんこん
れんこんをカリカリに揚げてみた

れんこんは非常に薄く切り、素揚げしました。少しでも柔らかい所があると食べてくれません。でも、指の感触で合格したものは口に入りました。

これを根気強く続けていくということです。しかし、私は油を多用することに少し抵抗があります。これで徐々に煮物も食べられるようになるとありますが、どうしてもそう思えないのです。

現代の食事は、脂質の量が戦前に比べ20倍にもなっているというデータもあります。それに比例して肥満や生活習慣病も増え、最近では子どもの肥満糖尿病まで社会問題となってきました。

以前は揚げ物をそこまで欲していなかった我が家の子ども達が、これを機に油を欲するようになったように思います。以前より、フライドポテトなどの揚げ物をリクエストすることが増えてきてしまいました。

野菜を食べさせたいからといって、油を添加したり、刻んで砂糖をたっぷり入れてデザートにしたりすることにとても疑問を感じます。野菜を食べてもらうために、脂質や糖質を上げ、それによる病を防ぐために食物繊維の多い野菜を食べ、、、。なんだかイタチごっごような気持になります。

昔の日本人は、砂糖や油がそこまで手に入らなかったので、野菜は具沢山の汁物に入れたり、漬物にして食べたりしていました。子どもがそれを食べなかったからと言って、目くじらをたてる親はいなかったでしょう。でも、自然といつの間にかみんな食べるようになっていました。

現代は、栄養栄養と皆が知識が増えた反面、親も学者も子どもに食べさせなきゃと焦ってしまい、無用な油や砂糖を添加して、ごまかしてまで食べさせようとしているように思えてなりません。

タイプ2 形で判断

このタイプは、千切り、粒々など好みの形で選ぶことが多く好みの味付けもあります。また、少しずつ食べる傾向があるようです。

食以外の特徴では、こだわりが強いという傾向があるそうです。

【療育センターの対処法】

千切りにするなど、切り方やこだわりを活かした好みの形にします。例えば、肉や魚を千切りにして揚げる汁の具を千切りにします。

好みの味付けや調味料をかける事で食事が進む事が多いので、調味料ボトルを卓上に用意されていました。

例えば、献立がマカロニサラダだった場合。いつもは醤油味の煮物しか食べないという場合は、マカロニサラダの食材を醤油味で煮てあげます。煮物に不向きな食材の場合は素揚げまたは衣をつけて揚げるようです。

【我が家でもやってみて思ったこと】

グループ1の特徴に当てはまった我が家の息子。なんとグループ2も当てはまります

そういえば、刺身によくついている「大根のつま」が大好きな息子。あれもまさしく千切りです。ニンジンも千切りにしてみましたが、これはスティック状にして、生でガリガリ食べるのがお好きなよう。

千切り大根

また、好みの味付けにするということなので、「塩、しょうゆ、めんつゆ」を醤油さしに入れて食卓に用意しました。

すると、きゅうりの千切りやブロッコリーのスプラウトにめんつゆをかけて食べていました。卓上めんつゆがお好みのようですが、大根はしょうゆらしいです。

めんつゆをかけたスプラウト
ブロッコリーのスプラウト

タイプ3 慣れたものを食べる

このタイプは、食べた記憶のある食材、料理のみを食べるという特徴があります。食品のパッケージで食べる食べないを決めたりもします。視覚優位な子ども達です。

【療育センターの対処法】

料理の中の食材が何なのか、わかりやすくします。かき揚げなど、中身が分かりづらいものは個別に素焼きにします。ひき肉を使ったメニューで食べられない場合は、ハンバーグなどわかるメニューに変えます。

【我が家でもやってみて思ったこと】

我が家の息子は、タイプ1も2も少しずつ当てはまっており、やはりこのタイプ3にも当てはまります。例えば、ラーメンは醤油味しか食べないのですが、パッケージがいつもの「ま◯ちゃん正麺」じゃなくて「ニッ◯ン」だと全く食べません。

こっちも美味しいよと言っても、スープの味が微妙に違うと拒否。なんというワガママと激怒していた私ですが、裏にはこんな理由があったのですね。私には到底理解しがたい。

さらに、色んな食材が混ざったものは基本的に無理です。だから小学校の給食はほとんど無理です。家では基本的に、素材を単品にしてわかりやすくした料理が多いです。

まとめ

偏食の子が多い療育センターでの取り組みは、以下のようなものでした。

=MEMO=
タイプ1 感覚で選ぶ
    食べられない素材を揚げる
タイプ2 形で選ぶ
    千切りにする、好みの卓上調味料を置く
タイプ3 慣れたものを食べる
    中に入った物を単品にしてわかりやすくする

療育センターでは、個別に細やかな対応をされていると感心しました。千切りにしたり、好みの味にしてあげたり単品にしてわかりやすくするなど、なるほどいう工夫が随所に見られました。

ただ、タイプ1でも言いましたが、「揚げ物に頼る」ところが、どうしても抵抗があります。野菜を食べさせることと、油脂を多くする健康上の問題、てんびんにかけるとどちらが大事なのか、今だに答えが出ません。

油があまり手に入らなかった戦前は、そういうことをしていなかったと思います。また、自然と大人になるにつれて食べられる野菜が増えていったと思います。

戦前は手に入る野菜の種類も今ほどないので、慣れやすかったのではないでしょうか。

料理も今のように、和洋折衷色々な料理は食卓に並びませんでした色々な料理が出るというのは、大人目線または感覚過敏ではない子どもたちには飽きがこなくてよいことかもしれません。

しかし、こうした感覚が過敏な子どもたちにとっては、「いい迷惑」になっているかもしれません。

息子
息子

給食も毎日同じが本当はいいんだけどな。

毎日違うと、全然慣れないよ。

きぶんやママ
きぶんやママ

感覚が過敏な子は、慣れるのが他の子より大変です。

給食の現場では、「毎日違う献立が出る」ことを自慢げに語る栄養士さんが多いです。

こういう子どもたちもいることを知って欲しいと思っています。

【偏食】偏食の2つの原因とは?自閉症の子ども達の偏食から学ぶ

2つの特徴
ママさん
ママさん

うちの子の偏食はひどすぎて、もはや好き嫌いの部類じゃないです。

一体何が原因だったのでしょうか?

きぶんやママ
きぶんやママ

自閉症の子たちの偏食とそうでない子も、偏食の原因は同じ。

好き嫌いというほど生易しいものじゃない偏食に悩んでいる方に読んで欲しい内容です。

自閉症の子ども達に多い偏食

ここでは、普通の「好き嫌い」と「偏食」は分けて考えます。ピーマンが嫌いとか、グリーンピースが嫌いというのは、「好き嫌い」。野菜すべてが嫌いで、代わりのものが食べられないという、栄養的に代わりがとれない状態を、「偏食」ということにしています

そして、その「偏食」が多い傾向にあるのが自閉症の子どもたちでした。しかし、自閉症ではなくても、感覚が過敏な子どもはそうした「偏食」になることが多いです。私の長男もその一人です。

偏食の子ども【2つの原因】

療育センターでは、自閉症の偏食の子には、次のような2つの特徴があるといいます。

=偏食2つの特徴=
1、口の中が感覚過敏
2、同じであることへのこだわり

一つずつ見ていきましょう。

偏食の原因①「口の中の感覚過敏」

偏食のある子ども達は、そうでない子どもに比べて口の中の感覚が敏感なのです。例えば、ねっとりしたものを嫌がる、噛み応えが少しでも柔らかいと嫌がるなど。

私の長男の場合も、例えばポテトフライを揚げた場合、カリッとしたところは食べられるけれど、少しでもふにゃっと柔らかいところはペッと出します。この感覚過敏に気づくまでは、なぜ口から出すときと出さないときがあるのか違いがわかりませんでした。

逆に感覚が鈍感な為に食べられないという例もあります。そうした子は、わさびや辛子などの刺激物や、パセリやミントなど、癖が強すぎるものを逆に好むという傾向があります。

我が子はこれにも当てはまり、わさびやしそ、パセリが好きです。もはや敏感なのか鈍感なのか不明ですが、両方の側面があるようです。

偏食の原因②「同じであることへのこだわり」

同じであることへのこだわりが強い子には次のような兆候があります。

儀式的なパターンを繰り返す
新しい場面が苦手、不安感が強い
注意が一つのことに向くと他に向きにくい
自分で決まり事を決めると変更が苦手

これは自閉症の子に多い症状とのことですが、なんと私にも息子にも、そして主人にまで当てはまる点があります。皆さんも当てはまる所がないでしょうか。

こうなると、偏食に関しては、自閉症だろうがそうでなかろうが同じではないかとさえ思え、その線引き自体意味のないものなのではないでしょうか。

こうした子どもは、同じものへのこだわりがあり、少しでも変化すると不安で食べられないという事があります。

例えば我が子の場合、いつものメーカーの醤油味のラーメンだと食べますが、違うメーカーの醤油ラーメンは、「味が違う」と言って食べてくれません。

そのせいか、幼稚園のお弁当は「お願いだから毎日同じおかずにしてくれ」と頼まれました。それでは食べられるものの種類が一向に増えないと悩みました。しかし、その裏にはこうした理由があったのです。

まとめ

自閉症であるないにかかわらず、ひどい偏食の裏には理由があります。

=偏食の原因=
1、口の中の感覚過敏であるため、食感や味覚を敏感に感じ取り、合わないと口から出してしまう。鈍麻で感じないのが原因な場合もある
2、同じものへの強いこだわりがあるため、いつもと少しでも違うと抵抗する

自閉症ではなくても、性格的に自閉症の子と似た傾向にある子どもはたくさんいると筆者は感じています。

例えば、HSCと呼ばれる「超敏感な子どもたち」が、ある一定数どの人種にもいるのですが、そうした人たちは、音や光、触感など五感が敏感であると言われています。我が子は特徴からこれに相当するのですが、そうした子どもは食感にも敏感であると筆者は感じています。

もちろん、そうした敏感な人たちも、一般の人達と同じように徐々に慣れていくということはあり得ますが、時間がよりかかるでしょう。

しかし、そうした敏感さを持つ人たちが一定数いたおかげで、人はここまで生き延びてこられたのです。だいたいのそうでない人たちには、そうした感覚が敏感な人がいるということを、わかっていて欲しいと思います。敏感な人は、敏感さ故に苦しんでいる場合もあるからです。

自閉症の子どもたちも、それがうまく周りに伝えられない面があると思います。周りが知っておいてあげる、その大切さを思うのでした。

参考:広島市西部こども療育センターhttps://holycow6.wixsite.com/nagisa