どうしてもバリウム検査が苦手。少しでも苦痛をやわらげるためには?

バリウム検査

昨日は定期的な健康診断があった。いつもその中にセッティングされているのが、胃のバリウム検査。あれが私はどうしても苦手だ。

今まで、「授乳中は受けなくて良い」に甘んじていたが、とうとう3年前から受け始め、昨日で人生3度目のバリウム検査となる。

私はもともと大腸が過敏で、何か緊張すると腹痛をお越し、下痢だか便秘だかになる。よく、朝お腹が痛くなる小学生を見かけるが、なんとなく気持ちがわかる。

昨日の朝の私は、まさしくそれだった。嫌なバリウム検査のことを考えるだけで、お腹が痛くて下痢をする。

毎年こんなことではたまらない。少しでも次回の参考になるよう、「これで解決、バリウム検査」方法を書き残して忘れないようにしようと思う。

嫌なことその1、朝の絶食

説明文には、朝は絶食でと書いてある。水分は検査2時間前までに100ml程度なら構わないとのこと。この猛暑なのに、これはひどすぎる。なかばフラフラしながら、なんとか会場へ向かう。

いつもボーっとしている私だが、空腹のため、頭がさらにボーっとしていて、係の人の説明を一生懸命聞いても頭に入らず、何度も同じことをたずねてしまう。

これは解決策は思い浮かばないが、「もしかしたらたまに絶食することで、胃が休まっているかもしれない!」と前向きに考えよう。

その2 待ち時間が長い

検診は、比較的スムーズに進んだ。しかし、バリウム検査は後がキツいせいか、一番最後に残される。そして、ここに来て順番待ちの長蛇の列。バリウム検査は他の検査より時間がかかるのだ。どうしてもここで渋滞してしまう。

まわりを見ると、諦めて寝ている人、スマホをいじっている人が大半。私は2年間の反省の元、今回は本を持ってきた。

子どもと暮らしていると、なかなかこんなにじっくり本を読めることがない。「こんなにじっくりと、静かに本が読めて良かった」と前向きに考えよう。

その3 発泡剤とバリウムを飲み干す

いよいよ、発泡剤とバリウムを飲み干すというイベントがやってきた。

私は普段から炭酸水を飲むのが好きなので、わりと発泡剤は平気。味もレモン味で、まあまあだと思う。しかし、さすがの私も一気にくるお腹のふくれ具合には参ってしまう。

検査台に立つと、片手にバリウム液を持たされる。「はい、一気に飲んでください」一口飲む。飲むヨーグルトの味がないやつみたいな飲み口。

ドロリとした液体が、なかなか喉を通らない。だんだん、コンクリートでも飲んでるような気分になり、涙目になる。あんなに空腹で、お腹がグーグーなっていたのに、どうしてもこれらの飲み物を私の身体が受け付けない。

これは、来年に向けて対策のしようがないが、発泡剤は炭酸のキツいレモン水、バリウムは低カロリーの(味がないから)飲むヨーグルトだと思い込む作戦でいくしかない。

ちなみに知り合いの方は、あまりの空腹に、これらの飲み物が美味しく感じるらしい。なんてお得な感性の持ち主なのだろう。うらやましいかぎりである。

その4 体の動かし方を間違える

今日の担当検査技師さんは、口調の丁寧なおじさんだった。少し安心した。

なぜなら、いつもは若いお兄ちゃん検査技師さんが担当なのだが、動き方を間違えると口調がイライラしているのがわかるような、まだまだ人として経験の浅い、優しさに欠ける検査技師さんなのだ。

前の2回の検査では、右回りと左回りを間違えた。普通の状態ではもちろん間違えないが、あの台の上では間違えてしまう。

経験のない方は知らないだろうが、バリウムを立った状態で飲み終わると、即座に背中の台が傾き始める。その傾きは何度か知らないが、間違いなく180度より大きい

つまり、左右のバーをしっかり握っていないと、頭の方に落ちそうになる。力の弱い人は落ちてしまうのではないだろうか。

ちなみに、過去に、外国の方が本当に頭から落ちてしまったことがあるのだと聞いたことがある。恐ろしい装置である。

しかも、左右にも回転するので、自分が3Dのアトラクションゲームをしているか、もしくは宇宙飛行士の訓練をしているかのごとく、方向感覚がよくわからなくなる装置なのだ。

こんなに恐ろしい動きをするのに、安全ベルトは一切なし。初めてこの検査を受けた時は、あまりの衝撃に一日中呆然となった。この命がけの検査を、老若男女全員が受けているのかと思うと、日本人というのはなんと辛抱強い民族化と思わずにはいられない。

ちなみに、当のお医者さんたちご自身は、バリウム検査ではなくて胃カメラをやる人が大多数だそう。その方が正確だからということらしいけれど。それって、、、。

バリウム検査は、動く台に横になっていればいいだけのものではない。検査技師さんから指示を受けて、右を向き左を向き、右回りを3回して上を見て、仰向けになり、うつ伏せになり、台の上で忙しく動き回らないといけない。息を吸って止めるんだか、吐いて止めるんだか、もうだんだん訳がわからなくなる。暑さのため、頭も朦朧としている。

こんな時、「違いますよ!」「それは左回り!」とイライラ口調で怒られると、恥ずかしさと怒りで、出してはいけないゲップが出てしまいそうだ。

2年のキャリアのため、だいぶ指示を間違えなくなったが、一つだけやっぱり間違えた。その指示は、「上を向いてください」

だっていつもなら、上を向いてくださいって言われたら首を動かして空を見るでしょう。ちょうどその時は180度傾いていたので、私は空というより頭上の入り口ドア付近を見た。

すると、「バスの天井ですね(怒)」と言われた。またひっかかってしまった。しかし、私が宇宙を遊泳していたら、上を向いてと言われると困るのではないか。どっちが上だかわからない。そんな感じだった。

次回の反省「上というのはバスの天井のこと」これを覚えておきたい。

最後の問題 下剤の量

ようやく検診終了時、渡されるのが下剤。ご存知の通り、バリウムは外へ出さないといけない。

しかも、固まりやすいので、終了後はすぐに水を飲めと言われる。ちなみに私は850mlくらい即座に飲んだ。が、300mlは少なくともすぐ飲まないといけない。

このバリウムは、体内に留まる時間が多いと、本当に固まってしまい、腸に穴が空いたり重篤な後遺症を残すので、とにかく下剤で出すのだ。これがまた、本当に辛い。しかし、ようやくコツを得たような気がする。

まず1年目は、もらった2錠の下剤をそのまま飲んだ。初めてだったので、何の疑いもなく。

しかし、私は冒頭で述べた通り大腸が過敏なので、下剤が効きすぎてものすごくひどい腹痛に襲われた。

2、3日はバリウム便(白い便)が出ますなんて言われたが、とんでもない、2時間後には全部出てしまった。もう出すものもないのに、腹痛は夜まで続いた。

2年目は反省を活かし、1錠だけにした。しかしそれでも1年目と同じか、もしくはそれ以上に激痛で、腸を雑巾しぼりしたかのような痛さだった。

トイレから一歩も出られず、うめき声しか出ない。出産なみに辛かった。よく考えたら、生理中だったのだ。生理中は、女性の方ならご承知の通り、下痢気味となる。そこに下剤を飲んでしまった。とんでもない辛さだった。

そして昨日の3年目。今回はひどい手段をとった。なんと、飲んだふりをした。つまり0錠だ。

しめしめ、今回は泣きをみないぞ!と意気込んでいた矢先。なぜだか、やっぱり腹痛が襲う。トイレから出られないというほどではないが、痛くて思わず眠ってしまった。バリウムは、下剤を飲まなくてもバリウム液自体が腹痛を起こすということが初めてわかった。これは、大腸が過敏である人だけかもしれないが。

腹痛が起きるわりには、バリウム便がなかなか出ない。夜中も気になって水をたくさん飲んだけれど効果なし。結局、翌日もらった下剤を1錠だけ飲んだら、ようやく出だしたのだ。

これらの実験で(こんな実験は危ないのだが)来年はこのように対策しようと思う。

もし、生理中だったら下剤を飲まない。家に帰って様子を見る。生理中じゃなかったら、下剤を1錠だけ飲む

というか、バリウム検査じゃない画期的な方法を、誰か編み出してくださ~い!

白目が突然真っ赤に!?「結膜下出血」とはどんな病気?

真っ赤な目

朝いつも通りに起きてきた夫の目が、突然真っ赤になっていることに気が付いた。遠くからでもわかるほど、左の目がウサギさんのようになっている。一体何事!?

真っ赤な目

さっそく病院へ向かった夫が下された診断名は「結膜下出血」。「目の老化が原因だってさ~」なんて軽く笑っている。こんなに目が真っ赤なのに、たいしたことがないだなんて何かの間違いだ。

夫に子どもの病院の付き添いをお願いし、帰ってきてから「どうだった?」と聞いても「普通だった」というよくわからない返答をする。普通じゃないから病院に行ってもらったのに。基本的に、あまり先生の話を聞いていないようだ。薬剤師さんの話も耳から耳へとスルーしていて、まったく当てにならない。逆にいつも私は、根掘り葉掘り聞く患者なので、疑問がどんどん湧き出てしまう。先生からすると、さぞかし面倒な患者であるに違いない。

今回も、また夫がテキトーに話を聞き流してきたに違いないと思い、自分で調べてみた。

結膜下出血とは?

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れ出血したもので、白目部分がべったり赤く染まります。多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。~中略~結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく、視力の低下の心配もありません。

工藤眼科医院サイトより

確かに、夫は痒がったり痛がったりしている様子もない。ごろごろ感も全くないよう。白目が真っ赤だが、どうやら眼球内部の出血ではないようで、少し安心した。

ちなみに、「結膜」とは文字通り眼球と瞼を結び付ける組織のこと。

それから、「出血」「充血」は違う。「充血」は、血管が血走ったような線状に広がり、血管の走行が見える状態をいう。今回の夫の目は、明らかに血走った血管は見えないので「出血」だ。「出血」は、血管が破れて血液が出たもので、血走ったような走行は見えない。

結膜下出血の原因は?

原因は様々で、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの閉めすぎなどでも出血します。

参天製薬サイトより

ちなみに、夫は朝起きてそのような状態になっていたので、深夜にくしゃみやせきが多かったかといわれると、まったくそういうことはない。水中メガネも最近使っていないし、過飲酒についても、節度を持った飲酒量だったと思う。もしかしたら、目を強くこすっていたことはあったかもしれない。外的に力が加わったとすれば、その程度のことしか思いつかなかった。

他にも要因はないか探してみると、こんな記事も発見した。

なぜとつぜん結膜下出血がおこるのかははっきりしていませんが、結膜は強膜のうえにピンと張るのではなく、ゆるく余裕をもって覆っているので、まばたきのときに結膜が引っ張られて結膜下出血をきたすのではないかと言われています。

赤坂東急クリニック 島崎眼科サイトより

年配の方におこることが多いので、老化による目の変化が主な原因になると思います。

医者が教える病気のブログより

私は、この上記二つの情報により、夫はまだ30代だが、老化による変化で結膜がゆるくたるんできたことが原因かもしれないと勝手に結論づけたのであった。

出血後の治療方法は?

1~2週間で自然に吸収されることが多いのですが、強いものでは2~3か月くらいかかります。しかし、いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合心配はありません。

参天製薬サイトより

あんなに目が真っ赤なのに、治療方法は「放置」で良いらしい。なんだか信じられないが、調べた結果もこの通りだった。だから、夫は「老化だってさ~」といって平然とした顔で帰ってきたのだ。確かに心配なさそうだ。

薬を一応処方される

ちなみに夫は一応このような薬を処方された。

目薬

アズレン点眼液は、副腎皮質ステロイド剤以外の消炎剤で、炎症、痛み、発熱、血液凝固に関係する物質の合成を抑制する作用があるといわれている。

ちなみに、夫は目薬が大の苦手。大人なのに、自分で自分の目に目薬を入れられない。目薬をさす時は、必ず床に寝て、私が目薬をしてあげないといけない。しかも、目をぎゅっとつぶって、なぜか足をバタバタさせたり自転車を漕ぐような足の動きをしたりしながら目薬をうつ。よほど、小学生の息子の方がおとなしく目薬をさすことができる。

1日3~5回、1回につき1~2滴たらさないといけないのに、どうしても朝と夜しかさせない。昼は会社に行っているからだ。会社で目薬をさすには、隣の席の人にお願いしないといけないらしく、そんなしょうもないところを見せられないから、残念ながら1日2回しかさすことができていない。

まぁ、「放置」してもよいくらいなのだから、2回でもいいかとあきらめた。

こんな時は放置してはいけない

それでも、例外はある。以下のような症状が出たら、放置せずに病院に行かなくてはいけないとのこと。夫にも知っておいてほしいので、覚書のためにも書いておくことにした。

眼外傷を受けた場合痛みかゆみ目やにを伴う場合、ひんぱんに繰り返す場合、熱を伴う場合は原因疾患の治療が必要です。

参天製薬サイトより

今のところ夫は上記のような症状はないが、もし出てきた場合は速やかに受診する必要がある。違う病気が原因になっていることもあるからだ。今日で症状4日目、何事もなく赤みがひきますように。