絵を描くのが嫌いだった息子を変えてくれた絵本「どうぶつかけちゃうよ」

どうぶつかけちゃうよの表紙

息子は完璧主義な一面がある。自分が描く絵が本物と似ていないことが許せず、絵を描くことを拒否するようになってきた。

もちろん、幼稚園時代はたくさん描いていた。小学生になってから、自分の絵と他人の絵を見比べて、客観的に判断するようになったのだろう。成長の一過程だと思う。

必ずしも本物と似ている必要はなく、子どもらしさが感じられる絵で良いと思うのだが、息子にはどうしても受け入れがたいようだ。

そんな時、ふと図書館で目に止まった本がこれだった。

どうぶつかけちゃうよの本

この絵本は、本当に小さな幼児でも絵が描けてしまう絵本。なぜなら、三角・丸・四角や点・ギザギザなど、基本的なパーツですべての絵が描けるようになっている。

図書館が新型コロナで閉館する前に借りることができていた。休校中、この本を開いてみた息子。

息子はこの本に載っている53の動物を楽しみながらすべて描き、最後には達成感でいっぱいになった。

「絵をかく喜びを知り、達成感を味わえば、さらにいろんな絵がかきたくなるはずです。そのためにも、まず、絵をかくことを楽しんでほしい。」

エンバリーおじさんの絵かきえほんより

まさしく、このような結果になったのだ。息子はもっと色々な絵をかきたくなった。エド・エンバリーさんありがとう!

それからも、たくさん絵をかく

息子は完璧主義なので、一覧になっているような挿絵をすべて描き終えてコンプリートしたい性格。だから、どんな絵でもいいわけじゃない。

例えば、スーパーマリオのゲームの攻略本に載っている、アイテム一覧や敵キャラ一覧、そういうものをすべて描き出すとか。

そういうこだわりがあるから、「描くものがない」と相談を受けると、こちらも大変なのだ。

MARIOきゃらの絵
スーパーマリオのキャラらしい

ゲームを持っていないのに、そうした「一覧」が欲しいがために、ゲームの攻略本を買いに行くことがある。

最近では、マインクラフトというゲーム(プログラミング?)のキャラを熱心に描いている。こちらは、ネットでアイテムやキャラの一覧表が見られるので助かっている。

マインクラフトの絵
マインクラフトのキャラらしい

息子がはまることは、だいたい下の娘にも伝染するものだ。娘もあまり絵を描かない子だったのだが、二人で描くようになった。

新品同様だった色えんぴつが、今ではこんなに短くなった。うれしい限りである。

短くなった色鉛筆

娘のケアも欠かせない

ところが二人で絵を描いていると、娘が「お兄ちゃんの方が上手」とへそを曲げることがある。

年長さんの娘、やはり男の子より女の子の方が精神面の発達が早いように思う。人から自分がどう見えるかが気になるお年頃なのだ。

そんな時はこう言う。「確かにお兄ちゃんの絵は本物と似ているね。でも◯◯ちゃんの絵はとってもかわいいね。お兄ちゃんの絵はかっこいいし、◯◯ちゃんの絵はすごくかわいい。どちらの絵も良いところがあって、ステキだとママは思うよ。」

すると、お兄ちゃんが「確かに◯◯ちゃんの絵はかわいいね」とナイスアプローチをしてくれた。

下の娘は、兄ほど完璧主義ではないので、これ描いてみる?と聞くと何でも描く!と言ってくれる。わざわざ一覧表は必要ない。かわいいモチーフならチャレンジしてくれる↓

娘の絵

大事なのは「よく見てかいたか」

二人には、大事なのは「よく見てかいたかどうか」ではないかなと伝える。もちろん、空想の絵もステキだが。

写真のように本物とそっくりな絵が描ける技術、それもすごいと思う。でも子どもの絵は、そこから本人らしさがにじみ出ていて、私はそれがたまらなく好きだ。

本物そっくりじゃなくてもいい、とにかく楽しんで描けたら良いね。

影響を受けた本「スタンフォード式人生デザイン講座」

最近の子どもが寝た後の楽しみは、この本を読むこと。スタンフォード式 人生デザイン講座(早川書房 ビルバーネット&デイヴエヴァンス著)

有償の仕事も無償の仕事も書き出して視覚化する。どの仕事に特に熱中しているか知る。その後どう自分の人生を適正化したらいいか、自分の人生をデザインしようという内容。

自分の今の状況にモヤモヤしている人、毎日の生活、これで良いのかと模索している人にぜひおすすめの本。

まず自分の仕事を洗い出してみる

さっそく、本に記されている通り、自分の仕事を洗い出してみる。

ここで大事なのは、給料の発生する有償の仕事も発生しない無償の仕事も書き出すということ。


定期的に組織のボランティアを務めているとしたら、それも入れること。主婦なら、子育て、料理、家事もみんな「仕事」だという点をお忘れなく。

スタンフォード式人生デザイン講座 早川書房 ビルバーネット&デイヴエヴァンスより

つまり、学校のPTA役員だって、子どものおむつ替えだって、全て仕事なのだ。

仕事の書き出し

ちょっと本で紹介されている書き方と違うのだが、左の円グラフは「熱中」度を、右の円グラフは「エネルギー」割合を示し、「ポ」はポジティブ度、「ネ」はネガティブ度を表す。

たまに見られる「フロー」の文字は、フロー状態になったしるし。

フロー状態とは、完全に没頭した、高揚感を覚えた、心が完全に落ち着いた、時間が止まったように感じる、そんな状況だ。

この日は、キャスターをつける、歌を子どもと歌った時にフロー状態になったようだ。

しかし、これは日によって違ったりするので、しばらく続けないといけない。

この仕事の洗い出しを続けてみて、わかってきた事がある。

続けてみて見えてきたこと

一つ目、食事について

子どもと私の三人分を作る時は、いかに早く効率的に作るか「集中」はするけれど、自分の好みより子供の好みを優先させるから「ポジティブ」度は低い。

夫を含めた4人分を作るだと、子供の好みより大人の好みで作るから、「集中」もするし「ポジティブ」度も上がる。

二つ目、フロー状態によくなること

「熱中」度も「ポジティブ」度も最高点だったのが、DIYに没頭してる時。つまり、多分自分が一番好きなこととも言える。

三つ目、子どもとの好きな関わり方

育児面でも発見があった。子どもと遊ぶ中でも、自分も一緒に縄跳びをしたり、キャッチボール、バドミントンをして自分も参加する遊びは「ポジティブ」度が高い。

カルタ取りやおままごとは、付き合ってあげている感が強くて「ポジティブ」度が低い。

一番の発見は?

一番の発見は、食事に対する考え方だった。

実はこのブログも、元々は管理栄養士が自らの偏食息子と関わる中で感じたことや、有用な情報発信、今までの栄養学に対する若干の疑問などを発信するために始めた。

自分は管理栄養士なのだから、という固定観念があったのだ。

もちろん、今だに息子の偏食を軽くするために奮闘しているし、同時に偏食に対する栄養学の認識の不足にももどかしさを感じている。興味が薄れているわけじゃない。

しかし、この仕事の洗い出しをした結果、今の私は食だけでなく様々な家のことに興味があるのだということが見えてきた。

これが、ずっとストップしていたブログの原因だった。

それが分かってからというもの、ブログも食だけにとらわれず、もっと自分の日々やっていることに目を向けて範囲を広くしたら、とても楽しくなった。

題名も、「偏食の子ども達を応援するサイト」から、「きぶんやママの暮らし方」に変えた。とてもしっくりした。

この本は、仕事の洗い出しから始まって、まだまだ先にやることがある。

洗い出しただけでも、だいぶ自分の気持ちに整理がついたが、さらに先にすすめたらより違ったアイディアが浮かぶに違いない。

ぜひ皆さんも読んでみてください。新たな発見ができると思います。

ビタミンとかミネラルなどの、各栄養素の基準はこうして決まっている

偏食だと足りているのか不安になる各種栄養素。日本人にとっての理想の基準ってどうやって決まっているの?

そんな疑問にお応えします。

日本人の理想の栄養素基準

日本では「日本人の食事摂取基準」というものを厚生労働省で作成しており、日本人が生活習慣病の予防できるように、各種栄養素の基準値を定めています。

この基準は社会状況の変化を反映しながら5年ごとに改定されます。2019年の現在は、2015年に作成された、2015年版が最新のもので、次に改定されるのは2020年です。

栄養士が献立を作る時は、この食事摂取基準を元に、必要な各栄養素がとれるように献立を立てています。

この基準は、健康な人だけではなく、保健指導レベルの方にも使えます。すでに病気を持っている方にも、この基準を元に各治療ガイドラインを作成する事になっています。

どんな栄養素の量が定められている?

大きく分けると二つ。まず一つは熱量、つまり必要なエネルギー量。二つ目は栄養素の量。この栄養素の量は、数ある成分の中から、不足すると健康を害するものや、逆にとりすぎるど健康を害するものをピックアップして定めています。

具体的に何の栄養素が定められているかというと、まず不足すると体に影響があるものたちが次の通り。

欠乏が国民の健康の保持増進に影響を与えているものとして厚生労働省で定める栄養素
・たんぱく質
・n-6系脂肪酸、n-3系脂肪酸
・炭水化物、食物繊維
・ビタミンA、D、E、K、B1、B2、ナイアシン、ビタミンB6、B12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC
・カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン

日本人の食事摂取基準2015年版 厚生労働省

不足で困るといっても、とりすぎにはやはり注意が必要です。とりすぎて害があった報告があるものは、上限値が定められているものもあります。

次はとりすぎて健康を害している栄養素です。

過剰な摂取が国民の健康の保持増進に影響を与えているものとして厚生労働省で定める栄養素
・脂質、飽和脂肪酸、コレステロール
・糖類(単糖類又は二糖類であって、糖アルコールでないものに限る。)
・ナトリウム

日本人の食事摂取基準2015年版 厚生労働省

もちろん、先程と同じで足りなさすぎるのも問題です。ただ、過剰な摂取が影響している事が昨今では多いという事です。

いずれの栄養素量も、日本で発表されている膨大な量の論文を検証し、食事摂取基準策定検討会で策定したものです。2015年版は数万の論文を検証し、1857の論文に絞って参考にして作られました。

日本で唯一の科学的根拠にもとづいた栄養素基準といえるでしょう。

しかし、策定検討会の方が述べられているように、弱点もあります。科学的根拠が乏しい分野もあり、その場合は正直に「根拠は乏しい」と記述されています。

栄養学は他の学問に比べて新しく、まだまだ発展途上であるため、致し方ない点です。

私は個人的に、ちょうど偏食の我が息子が該当する幼児期の栄養について、違和感を感じています。

偏食児が成人した後に、どう偏食が影響して健康に問題が出たか、そうした追跡調査は出来ないのが現状です。でも、大人の必要量を参考にしたりして基準値を定めています。

例えば、5歳までの小児については、食物繊維の必要量がありません。(ビタミンミネラルはあります)

にも関わらず、「野菜を食べさせなくてはならない」「野菜を食べないと便秘になる」という強迫観念のようなものが働き、世のお母さん達はハンバーグに混ぜ混んだり、ホットケーキに混ぜたり、ごまかしごまかし野菜を食べさせなくてはと悩みます。

基準値がないという事は、子どもの個人差に合わせて調節すればよいという事ではないでしょうか。食べられない子は練習期間ととらえて、毎日無理せず少しずつ挑戦していけばよいのではないでしょうか。

かくいう私も、こっそりほうれん草の粉末をカレーに入れたりしていました。人参をすりおろしたものをホットケーキに入れたりしました。

子どもに「今日は野菜入ってる?」「なんか今日のホットケーキはちょっと違う」なんて言われても、「気のせいだよ」なんて嘘を言って心が痛くなりました。

それほど悩んでいたのです。でも今は、私が食べていたスティック人参(生)を一緒に食べ出しました。ごまかす必要なんてなかったなと思いました。

わからないで食べていれば、栄養素はとれるけれど、本人に自覚はありません。自覚しながら食べられるようになるには、きっとすごく時間がかかります。

でも、出来なかった逆上がりが出来るようになるように、いつか苦手な野菜も食べられる日が来ると信じて。今日も人参をかじったのでした。